名産品をお歳暮として送ることも可能、 コロワイド等の株主優待はこんなに便利!

写真拡大

今では、株主優待の中には内容が選べる上に、送り先も指定できるなど、株主優待をお歳暮として代用することも可能になっている。送ることができる品も和牛や魚介、果物などの名産品と種類も豊富だ。

ペアカフェや温泉ペアチケットも、
百貨店の優待でもお歳暮を送れる!

 居酒屋を展開するコロワイド(7616)や大庄(9979)は、食事株主優待券が使い切れない人向けにカタログ商品を用意。コロワイドは、黒毛和牛やマグロの詰め合わせ、生チョコ、お米、お酒などの各地の名産品から株主優待ポイントに応じて選ぶことができ、大庄も明太子や豚ロース肉など誰からも喜ばれそうな商品を取りそろえている。2銘柄とも食事株主優待券を選ぶこともできる。

 また、メガチップス(6875)の株主優待は百貨店が提供する約2センチの分厚いカタログ。肉や魚、果物などの名産品はもちろんのこと、食器や家具、ビューティグッズ、そして日帰り温泉ペアやペアカフェチケットまで最も種類が豊富だ。このほかにも、コロワイドと同じ株主優待のアトム(7412)やエクセディ(7278)などもカタログから選べるタイプだ。

 ここでは紹介できなかったが、三越伊勢丹HD(3099)や眦膕亜8233)のオンライン店での株主優待割引を利用してお歳暮を贈る方法もある。格式を重んじる相手には、百貨店ブランドの包装紙で贈れば喜ばれるだろう。

 このように、株主優待株は様々なワザを使うことで利用価値を高めることができる。こうしたワザを駆使してオトク度満点の株主優待投資家を目指そう。

 ところで、今好評発売中のダイヤモンド・ザイ9月号には、桐谷さんや有名株主優待ブロガーが登場する「株主優待目的別ベストチョイス126」という分厚い付録がついている。今回紹介した株主優待株のお歳暮利用のほか、「食費の節約」「0円デート」「サラリーマンの小遣いアップ」「家族サービス」「冠婚葬祭」「高額品購入」など12の目的別に紹介している株主優待株からお気に入りの銘柄を探してみてほしい。また、この付録には桐谷さんの「目的度外視、何でも株主優待でタダ」、ようこりんの「株主優待で6キロダイエット」、rikaさんの「株主優待で娘の結婚支援」などのマンガも満載。そのほかにも、桐谷さんと金森さんの「株主優待VSふるさと納税オトク度対決」も必読だ。このほか、「初めてでも怖くない!誰もがよく知る買い時の10万円株」の大特集も。

 ダイヤモンド・ザイ9月号は、アマゾン、楽天ブックス(ともに送料無料)のほか全国の書店にて好評発売中だ(Kindle、楽天koboなどの電子版でも発売中)。