エネルギーに満ちたパーソナリティを、見せてほしい:ワコム ジェネラルマネージャ岸田茂晴【Creative Hack】

写真拡大

『WIRED』が主催する「CREATIVE HACK AWARD 2014」では現在、応募作品を絶賛受付中だ。そこで、ひとりでも多くのクリエイターにご参加いただけるよう、今年のテーマである「コネクト “つながり”を発見し、改変せよ!」を、審査員の方々に解題してもらいたいと思う。第5回目はワコム タブレット営業本部マーケティング部ジェネラルマネージャ、岸田茂晴の視点を紹介。

「エネルギーに満ちたパーソナリティを、見せてほしい:ワコム ジェネラルマネージャ岸田茂晴【Creative Hack】」の写真・リンク付きの記事はこちら

岸田茂晴︱SHIGEHARU KISHIDA
石川県輪島市生まれ。ワコム タブレット営業本部マーケティング部ジェネラルマネージャ。1994年、青山学院大学理工学部卒業後、日本電気に入社。2003年、米国サンダーバード国際経営大学院卒(MBA 国際経済開発専攻)。2006年、日本マイクロソフト入社。Windows事業開発やオンライン事業開発、パートナーマーケティングに従事。日本国際放送社外取締役を経て、2012年より現職。

アワード審査員からのメッセージ

目覚めよ、新時代のハッカーたち|齋藤精一(ライゾマティクス)「種目」にはまりきらない表現を生み出して欲しい|佐々木康晴(電通CDC局)クリエイティヴに化学反応を起こす、物理的な「コネクト」を探して|笠島久嗣(イアリン・ジャパン)リスペクトせよ。それからハックせよ|若林恵(『WIRED』編集長)

2013年に、弊社の製品、特に液晶ペンタブレット『Cintiq』をお使いいただいているハリウッドのスタジオを、いくつか視察したんです。具体的にはドリームワークス アニメーションさん、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズさん、ワーナー・ブラザーズ・アニメーションさんの3社です。そこで見たのは、日本のアニメーションの制作現場とはまるで違う風景でした。

例えばドリームワークスさんには80名程度のクリエイターが在籍しているのですが、それに対し、緻密なワークフローを支える専属のITスタッフが30名ほどいることに、まずは驚きました。もちろん、ビジネスを統括するマネージングディレクターも複数名が専属で付いています。つまり、チームの作業分担がはっきりしているんです。

もうひとつ印象的だったのが、マレーシアやフィリピンといった「オフショア」を、巧みに活用している点です。アメリカの西海岸で夕方まで仕事をやって、1日の最後にテレカンを行うと、ちょうどあちらのビジネスアワーがはじまる時間帯になる。そんな時差をうまく活用して、彼らは仕事終わりに指示を出し、寝ている間に作業が終わっているというフローが確立していました。

つまりハリウッドでは、一番付加価値の高いコンセプトドローイングだとか脚本の部分に集中し、プロダクションプロセスはオフショアに出す。そして、エディティングの段階は、またハリウッドが担当する…。そういった国境を越えたチームワークというか作業分担が、実に明確なんです。

それに対し日本は、どちらかというと1枚1枚キレイなセル画をつくって…、という工房的な作業がまだまだ多いと思います。もちろん、それはそれで味があるし大好きなのですが、今後クリエイティヴのプロセスがよりデジタル化していくとするならば、ヴァリューチェーンの観点から見て、日本のアニメ業界の競争力は落ちていかざるを得ないし、産業としての継続性も、危うくなるかもしれません。

日本には、まだまだオフショアに対する抵抗感があると思うのですが、実は「海外」に発注していないだけで、安い賃金で国内のほかのスタジオに外注している状況は、効率の面からみても、競争力を落としている一因ではないかと思うんです。海外に任せられるところは任せ、国内では、自分たちが得意な部分に集中する。そういった考え方を、産業全体として問うてみるべき時期ではないでしょうか。

こういった日本の現状をしっかりと認識し、それに対しなにかしら行動を起こそう、改変(=ハック)しようという意志をもつクリエイターに、次なるステップをもたらしたい。そういった思いから立ち上がったCREATIVE HACK AWARDは、単なるクリエイターの腕自慢ではなく、発想力やパーソナリティ、あるいはビジネスセンスといった部分を重視するといった意味においても、従来のクリエイティヴ系アワードとは一線を画していると感じています。

今回の「コネクト」、あるいは「引用」といったテーマは、過去の作品や表現からどのようなコンテクストを見いだし、自分の中で化学反応を起こすか、ということを問うていると思っています。

イノヴェイションの過程において「ベルカーブ」というものがありますが、停滞した状況下でものごとを変えていけるのは、このカーブの左側にいる人、つまりはマイノリティだけれどエッジが効いて、自分をもっている人だと思います。CREATIVE HACK AWARDを通じてインスパイアされ、モチヴェイトされることで、さまざまな変化を自分の中に起こし、クリエイティヴにイノヴェイションを起こしてもらいたいと思います。

特にワコムでは、学生を対象とした「ワコムスポンサード賞」を用意していますので、WCCC(ワコム クリエイターズ カレッジ クラブ)加入校生のみなさんは奮ってご応募いただければと思います。

クリエイティヴの世界に限らずですが、20歳前後の人が丸く収まっているようではダメだと思います。気概に満ちたエネルギーでもって、ぜひ、プロの先輩方にぶつかっていって欲しい。CREATIVE HACK AWARDは、技術のうまい下手ではなく、そういったエネルギーこそを評価するアワードなのですから!

CREATIVE HACK AWARD 2014

TAG

AnimeCintiqCreativeCreative HackCreative Hack AwardWacom