「職場の上司と不倫してました。社会人1年目、不安だらけの私に毎日、優しい笑顔をみせてくれました」(夕顔女 30代女性)

「実は、今現在、不倫中です! 同じ職場の同じ部署内で、席も隣です」(Neonさん 20代女性)――。

 こんな告白が続々と寄せられているのは、上戸彩さんが「平日昼顔妻」を演じる「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」(フジテレビ系)のオフィシャルサイトの「昼顔投稿集」だ。

 平日昼顔妻とは週末や夜は家事をしっかりこなす良き妻、良き母を演じているが、平日昼間は不倫に勤しんでいる妻のこと。

 平日昼顔妻の近隣のセレブ主婦、滝川利佳子(吉瀬美智子)と知り合ったことをきっかけに、平凡な主婦だった笹本紗和(上戸彩)が生物の高校教師と不倫。その上、夫の笹本俊介(鈴木浩介)も職場の部下、長谷川美鈴(小南晴香)から迫られると、昼ドラ顔負けの不倫だらけのドロドロ愛憎劇だ。

「不倫は結婚生活を破綻させるだけでなく、会社員生命をも脅かします」

 というのは、社会保険労務士の稲毛由佳氏だ。そもそも不倫はプライベートの行為。それを理由に会社は処罰を下すことはできないものではないのか。

「社内不倫で相手の女性に文句を言うために奥さんが会社に乗り込んでくるといった修羅場になった場合には、話は別です。

 この場合、業務を中断させるという実害が会社に生じます。始末書の提出という一番軽い処罰はもちろんのこと、『業務に支障をきたす』ということで、役職からの降格や1週間程度の出勤停止などの重い処分が出ます。ましてや怪我人がでて、刑事事件になれば懲戒解雇も行き過ぎた処分とは言えません」(稲毛氏)

 しかし、現実には、たとえ、社内で修羅場が起きなくとも、不倫が発覚すれば成敗がくだされるのが一般的だという。

「不倫がバレていないと思っているのは、本人たちだけでワキが甘い人が多いんです。たとえ、本人たちにしかわからない言葉であっても、社内メールで待ち合わせの約束をしたり、業務中に目に余るような行動が目に付くケースが非常に多いからです」(稲毛氏)

 不倫はプライベートなこととはいえ、道徳的に許せないと考える人がほとんどだ。

 そのため、「不倫している人と一緒に働きたくない」、「2人がいちゃいちゃしているので、業務に集中できない」、「えこひいきしている」など、職場からのクレームで不倫は発覚してしまうものだという。

「人事部は、不倫を支持することも無視することもできない。もし、知らん顔すれば、人事部の評価の公正性が疑われ、人事に対する不満が一気に噴出してしまいかねない。そこで、表向きは不倫に無関係な理由で左遷するというわけです」(稲毛氏)

 営業事務の女性部下と不倫中のAさんも、ある日、突然、この手で本社・営業部勤務から地方の小さな出張所への転勤を命じられた。

「理由は『取引先が担当者を変えなければ取引を停止すると、言っている』というものでした。取引先の担当者との関係は良好だったんです。聞いてみると、『そんなことは言ってない。こっちも急に担当者が変わるのは困るよ』と、全否定でした。

 そこで、人事部に問いただすと、『社外はもちろんですが、社内の『人間関係』は大丈夫ですか?』と、チクリと言われた。これで、転勤の理由は不倫だと、ピンときた」

 Aさんのように「取引先から苦情が入った」他、「部下の能力を引き出せていない」、というのが、不倫による左遷でよく使われる表向きの理由だ。

「不倫が理由の転勤は不当な配置転換として、裁判で争えば、勝算の見込みは十分ある。けれども、公に争えば、当然、妻や夫にバレてしまうわけです。不倫はしても家庭を壊す気はないという人がほとんどでしょう。結局、不当な辞令を黙って受け入れるしか選択肢はないのです。

 また、出生競争の足の引っ張り合いのトラップだったり、最近では、リストラの材料作りのために、不倫を仕向けられるケースも聞きます。定年まで無事に勤め上げたければ、不倫とは無縁の会社員生活を送るのが賢明です」(稲毛氏)

 不倫はドラマの世界で楽しむのが安全だ。