東方輝針城

写真拡大

ZUNさん率いる同人サークル・上海アリス幻樂団によるPC用シューティングゲーム「東方輝針城 〜 Double Dealing Character.」が、8月13日(水)からインディーゲーム配信サイト「PLAYISM」でのダウンロード販売を開始。

「東方Project」作品のダウンロード販売は,今回が初めてこととなる。

東方輝針城



二次創作界最大のコンテンツ


「東方Project」は、1996年から同人ゲームとして発表されているシューティングゲーム。敵からの大量の球を避けて攻撃することに重きを置かれ、「弾幕シューティングゲーム」と呼ばれている。

数多く登場するキャラクターや、制作者であるZUNさんによる音楽も人気の要因となっている。また、公式が設定したルールの範囲内で二次創作を許可しており、二次創作コンテンツの一大派閥を占めるまでに至っている。

「東方輝針城」は、2013年に発売された第14弾のタイトル。これまで、同シリーズはイベントや店頭での販売のみ行われてきたが、今回、ついに初となるダウンロード版の提供を開始したということで話題を呼んでいる。



価格は税別1512円、Windows版のみの販売となる。

多くの人が一度は「東方」の名前を聞いたことがある一方、イベント販売などに限定されていたため、実際にプレイしたことはないという人も少なくないはず。

無料体験版も「PLAYISM」や上海アリス幻樂団公式HPにてダウンロード可能となっており、プレイしてみて気に入ったらそのまま製品版をWebから購入してみよう。