ジョージ・マイケル、ワム!再結成を示唆

写真拡大

 ジョージ・マイケルがワム!の再結成を仄めかした。

フェスティバルで再結成

 1980年代に人気を博した2人組、ワム!として活躍していたジョージは、もう1人のメンバー、アンドリュー・リッジリーと未だに連絡を取り合っており、近い将来フェスティバルで再結成を果たしたいと考えているようだ。

 ジョージはモジョ誌に「アンドリューは家に来て、料理してくれたんだ。翌年のグラストンベリーでのワム!の再結成についても話したよ」と明かした。同デュオは『クラブ・トロピカーナ』『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』などのダンスミュージックのヒットを飛ばし、5年間の華々しい成功を収めた後に1986年に解散している。

 ジョージは最近アンドリューと別々の道を選んだことが一番後悔していることと認めていた。Qマガジンから過去最大の後悔について質問された際、ジョージは「ワム!の解散だよ...それに、ケイト・モスをバンドに誘わなかったことかな」と答えていた。

ワム!解散後、ジョージは1億枚以上のアルバムセールスを記録するなどソロでのキャリアを成功させ、一方のアンドリューは表舞台から去り、現在はイギリスのコーンウォール地方で妻のケレン・ウッドワードと暮らしている。

Written&Photo by bangshowbiz