写真提供:マイナビニュース

写真拡大

兵庫県立 人と自然の博物館は8月12日、2006年に兵庫県丹波市で発見された大型草食恐竜の「丹波竜」がティタノサウルス形類の新種であることを突き止めたと発表した。

同成果は同館の三枝春生 主任研究員と池田忠広 研究員によるもので、ニュージーランドの分類学の専門誌「Zootaxa」に掲載された。

「丹波竜」は白亜紀前期(約1億1000年前)の地層から発見された竜脚類の恐竜。今回の調査により、頭や尾の骨の特徴から新種であることが判明、「タンバティタニス・アミキティアエ」と学名がつけられた。「タンバ」は丹波、「ティタニス」はギリシャ神話の女巨人に由来し、「アミキティアエ」は2人の発見者(村上茂氏・足立洌氏)の友情を記念しているという。

なお同館は、クリーニングが済んでない部分のクリーニングを完了させ、近い将来それらに関する追加論文を出版するとコメントしている。