写真提供:マイナビニュース

写真拡大

森ビルは8月11日、六本木ヒルズの森タワー屋上で「皆既月食 観察会」を10月8日に開催すると発表した。このイベントは六本木ヒルズ屋上の「スカイデッキ」から、皆既月食や、季節の星を天文学の専門家の解説とともに観察する催し。

今回の皆既月食は肉眼で観察可能なものとしては2011年以来3年ぶりで、当日は18:14頃から部分食が始まり、皆既月食は19:24〜20:24に観測される予定。イベントは18:00から22:00まで開催され、参加費は無料(入場料別途)で、特に申し込みや予約の必要はない。

「スカイデッキ」は六本木ヒルズ森タワー屋上に設けられた屋外展望台。海抜270メートルに位置し、360度視界を遮るものがないので、天体観測には絶好の観測スポットだという。なお入場料は、一般が2,000円、高校・大学生が1,500円、4歳〜中学生が800円となる。

また、9月と10月は、毎月第4金曜に催される「六本木天文クラブ 星空観察会」が毎週金曜日に開かれる。参加費は無料(入場料別途)で、19:00から20:00までの開催となっている。ほかにも、天文の専門家によるセミナーや、科学館や学校で星空や宇宙の楽しみ方を教えることができる「星空案内人」の資格を取得可能な講座などを受講できる。