【Blossom Coffee 特別コーヒーセミナー】科学とテクノロジーの力でいつでも最高の一杯を

写真拡大

去る7月22日、注目のコーヒースタートアップBlossom Coffeeが来日し、INTERSECT BY LEXUSでイヴェントを行った。フグレントウキョウの小島賢治も参加し、盛況を博した当日の様子を、喫茶文化に造詣の深い木村衣有子がレポートする。

「【Blossom Coffee 特別コーヒーセミナー】科学とテクノロジーの力でいつでも最高の一杯を」の写真・リンク付きの記事はこちら

木村衣有子|YUKO KIMURA
文筆家。1975年、栃木生まれ。18歳からの8年間、京都に住み『恵文社一乗寺店』『喫茶ソワレ』で働く。コーヒーとお酒と埼玉西武ライオンズを愛す。著書に『銀座ウエストのひみつ』など多数。自身が編集、発行人をつとめる『のんべえ春秋』を3号まで刊行している。

自称「コーヒーおたく」のジェレミー・ケンペルさんが、仲間とともにBlossom Coffeeをアメリカ・サンフランシスコで創業したのは2011年のことだった。コーヒーを飲ませる店でも焙煎業者でもなく、コーヒーメーカーを開発する会社である。

Blossom Coffeeが開発したコーヒーメーカー「ブロッサム・ワン・ブルワー」にはWi-Fiが内蔵されている。そして、豆の種別にレシピを入力し、記憶させることができる。その上で、あえて「キーボードで制御するのではなく手で動かす機械」として設計したのだと、CEOのケンペルさんは言う。

見た目はとってもシンプルだ。無骨、といってもいい。そこがかっこいい。

コーヒーを淹れるとき、いつも同じくぶれない味に仕上げたい、味わいをコントロールしたい、という学生時代からのケンペルさんの願いと研究の成果が結実したこのマシンは「アーティストとしてのコーヒーロースターにとって、その味や香りを再生するための機械」だそうだ。なるほど、レコードとそのプレーヤーのような関係か。

MITで学んだのち、アップルやテスラで働いたという経歴を持つケンペルさんがコーヒーメーカーを作ってみようと思い立ったきっかけは「コーヒーを淹れるとき、いつも全く同じ味にならないのはどうしてだろう」そんな素朴な疑問からだった。エンジニアならではの緻密な実験を重ねて辿り着いた結論は「コーヒーは科学である」ということだった。

前半のトークセッションに登壇したPRTL ファンダー福山泰史。『WIRED』VOL.12のコーヒー特集にコーディネーターとして協力した際、Blossom Coffeeに注目した理由を「コーヒーという身近なものにテクノロジーを組み合わせることで、新しいイノヴェイションが起きているのがおもしろい」と話した。

雑誌『WIRED』VOL.12
Amazonで購入する>>

本イヴェントに招いたBlossom Coffeeのほか、日本上陸が期待される「ブルーボトル コーヒー」をはじめ、テック企業家たちが注目するコーヒーとチョコレートのスタートアップを紹介した「コーヒーとチョコレート」特集。その他内容は、ヘルスケアデヴァイスや自転車のリデザインなど盛りだくさん


Blossom Coffeeのコーヒーマシン「ブロッサム・ワン・ブルーワー」。試行錯誤を重ねてつくられた6代目だという。理想にほぼ近づいたそうだ。

これまでにないコーヒーメーカーだと耳にしていたので、正直言ってこちらはやや身構えていた。とはいえケンペルさんは、コーヒーの味に影響する要素は「コーヒー豆と水の比率と接触時間」「水温」「コーヒー豆の挽きかた」だと考えているとのこと。きわめてまっとうだ。奇をてらった淹れかたを提案する機械ではないということが分かる。なかでも、水温のコントロールが自在にできるという点にいちばん自信を持っているようだ。

マシン上部の金属の筒にあらかじめ挽いておいたコーヒーの粉を入れると、その上に適温の湯がぴゅーっと注がれる。マドラーでその粉と湯をくるくるとかきまぜるところは手作業でおこなう。それから、これまた手で最上部に取り付けられたレバーをぐいっと引き下げれば、抽出完了。

ワークショップの会場となったINTERSECT BY LEXUSのメニューを監修しているフグレントウキョウ代表の小島賢治さんもマシンの傍に立ち、ケンペルさんが操作するのを見守っていた。この日選ばれたのはブラジルの豆。小島さんが当初イメージしていた水温は86度だったが、実際に淹れてみたところ、ベストは84.5度だったという。

イベント開始の2時間前から、当日の豆にあった淹れ方(レシピ)をケンペルさんと考えたフグレントウキョウの小島さん。イベント中は、味の微調整をケンペルさんと行いながらおいしいコーヒーを提供してくれた。実際にマシンを使ってみて、誰がいれても味がブレないのがいい、と感想を述べた。

淹れられた一杯を飲んでみると、小島さんが説明してくれたとおりの味がする。ということは、このマシンは小島さんの思いどおりの味を表現することができるのだ。

最初から粉に湯を全量含ませること、粉と湯をかき混ぜることなど、淹れかたとしては「エアロプレス」を彷彿とさせる。個人的な感想としては、エアロプレスで淹れたコーヒーよりも口当たりがすっきりしているという印象を持った。

開発をはじめてから6代目だという「ブロッサム・ワン・ブルワー」の気になるお値段は日本円でおよそ50万円だそうだ。今夏に発注すれば年内には届くはず、ケンペルさんと同じく「コーヒーおたく」のあなただったらきっとそれで淹れた味を確かめてみたくなるに違いない。

ブロッサム・ワン・ブルーワーで淹れたコーヒーを楽しむ参加者。「澄んだ味がする」という感想がとても多かった。

INTERSECT BY LEXUS -TOKYO

本イヴェントの会場になったINTERSECT BY LEXUSは、「都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる」をテーマに、デザインやアート、ファッション、カルチャーなどを通じて、LEXUSが考えるライフスタイルを様々な形で体験できるスペース。定期的にワークショップをはじめとするさまざまなイヴェントを行っている。
 
住所:東京都港区南青山4-21-26
アクセス:表参道駅:A4/A5出口より徒歩3分