日本サッカー協会(JFA)は13日、イランサッカー連盟とパートナーシップ協定を締結したと発表した。

 12日にテヘラン市内のイランサッカー連盟で調印式を行った。今回の協定締結により、今後さらに両国のサッカーの発展のため、積極的に相互協力を図っていくとしている。

 JFAはこれまでフランスサッカー連盟、スペインサッカー連盟、ドイツサッカー連盟、シンガポールサッカー協会、タジキスタンサッカー連盟、アラブ首長国連邦サッカー協会 ヨルダンサッカー協会、ベトナムサッカー連盟(締結順)とパートナーシップ協定を締結しており、今回が9つ目となる。