写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都多摩市にあるサンリオの屋内型テーマパーク「サンリオピューロランド」。ハローキティなどサンリオのキャラクターをモチーフとしたキャラクターテーマパークで、ショー系のアトラクションを主に展開する人気の施設だが、現在、ホームページ上で「ピューロのうわさ100」と題したコンテンツを公開している。

“キャラのうわさ”、“パレードやショーのうわさ”、“アトラクションのうわさ”、“注目スポットのうわさ”、“レストランやショップのうわさ”の5つのカテゴリー別に紹介されている噂の中から、個人的に「これは確かめに行かねば!」と思った気になるものをご紹介する。

まずは、サンリオを代表するキャラクターである“ハロー・キティ”にまつわる噂から。

●キティの身長はリンゴ5個分らしい。筆者の手元にあるリンゴを測ってみたところ、高さは約13センチ。これの5個ぶんということは、キティの身長はおよそ45センチ程度ということになる。Vine動画を見る限り、確かにキティの身長は5個のリンゴを積み上げた高さに等しい。ピューロランドのリンゴの大きさがキティの身長以上に気になるところだ。

●キティのお屋敷のセレブ感がすごいらしい。さまざまなご当地のコスプレをしたグッズをあちこちで見掛ける、ハロー・キティ。つまりかなりの衣装持ちと思われる。想像するに自宅もかなりの豪邸に違いない。

●キティ、ショーでは男前らしい。耳のリボンがトレードマークのハローキティ。それゆえずっと女の子と思っていた筆者だが、Vine動画によると、ピューロランドのショーでは男役を演じているとのこと。燕尾服に身を包んだキティはかなりの男前に違いない。キティに「キミの瞳に乾杯!」などとウィンクされたら、レディーはもうどうにかなりそうだ。

お次もサンリオの代表的キャラクター“キキとララ”にまつわるうわさ。今でこそキティにトップスターの座を奪われてしまったが、筆者が子どもの頃にはキティと人気を二分した思い入れの強いキャラだ。

●キキとララの身長は、二人合わせてお月様とおなじくらいらしい。

なんと! ファンシーカラーのかわいい双子のコンビの身長がそんなにも大きいとは想像だにしなかった。月の直径は約3,500キロメートルと言われるので、2で割ると平均身長は1,750キロメートルということになる。現実で考えたらピューロランドはどれほど広大なんだろうかと夢が広がる。どれほどファンタジーな世界なのかを行って確かめてみるしかない。

そのほか、気になった噂は以下。

●目が合うと突進してくるキャラクターがいるらしい。

ホームページに掲載されている証拠ビデオによると、カメラと目が合った瞬間にものすごい勢いで突進してきたキャラクターがいた。

●キャラクターたちのパレードに突然、雑技団が登場するらしい。

日中友好の懸け橋とも言えそうな国際色豊かなテーマパーク。現在、日本語も勉強中というどこまでも努力家の雑技団を応援しに行きたい。

●日本で唯一湯切りができるテーマパークらしい(自称)。

湯切りをエンターテイメントにしてしまうテーマパークは聞いたことがないが、確かにその視点は新しい。ホームページで紹介されているビデオには、気合を入れて湯切りするマイメロディの姿が。意外な魅力に虜になりそうだ。

上記は筆者が個人的にヒットしたピューロランドにまつわる噂話。サンリオ好きはもちろん、雑学好きなら「へぇ〜!」と思うネタがいくつかはあるはず。そして真の探究者であれば、真相を確かめにぜひともピューロランドへ行ってみたい。

(神野恵美)