「終活読本 ソナエ」vol.5 2014年夏号 (産経新聞出版)

写真拡大

 雑誌の懸賞プレゼントというと、昔から人気のバロメーターであり、世相を映し出す鏡でもある。自転車、テレビ、オーディオセット、ゲーム機、海外旅行などなど、時代ごとに豪華景品が登場し、読者の心をつかんできた。

 いまや雑誌の読者層は全体的に高齢化しつつある。となれば、プレゼントもその年代に合ったものになるのは当然だ。産経新聞出版の季刊誌『終活読本 ソナエ』の創刊1周年記念プレゼントは、その究極ともいえる。何しろ、「棺」をプレゼントするというのだから。この7月に発売された同誌vol.5(2014年夏号)の誌面には、「日本初のプレゼントになるかもしれません」との紹介文が躍る。

 ちょうど同じ号では、「生前葬 「その時が来る前に大切な思いを伝える」」という特集が組まれている。そのなかで、最近の流行として「入棺体験」なるものが出てくる。これは、生前に棺に入ることで「自らの死」や「葬儀」について考えるきっかけとする、というものらしい。葬儀社の行なうフューネラル(葬儀)フェアや終活フェアでは、遺影撮影と並ぶ人気コンテンツになっているそうだ。

 棺プレゼントも、そんな風潮に乗ったものなのだろう。プレゼントの紹介文にも、棺を生前に用意して、思い出の品や貴重品の収納箱、あるいは瞑想ルームなどとして利用する人たちがいると書かれている。応募に際しても、棺をどのように活用したいか、はがきに記入することが必須だという。

 そんな『終活読本 ソナエ』だが、本誌のメインターゲットであるはずの高齢者でなくても、興味を惹かれる企画が多い。そもそも筆者が本誌を手に取ったのは、昨年夏に出た創刊号の表紙と巻頭インタビューに壇蜜が出ていたからだ。このときちょうどブレイク直後、しかもかつて葬儀社に勤務していた経験を持つ壇蜜の起用は、絶妙だった。

 同誌ではその後も、vol.2(2013年秋号)では「千の風になって」の歌手・秋川雅史、vol.3(2014年冬号)では、映画『麦子さんと』で母と死別した娘を演じた堀北真希、vol.4(2014年春号)では作家で僧侶の家田荘子というぐあいに、同誌のテーマにふさわしい人たちが登場している。最新号のvol.5に登場するのは、実家が東京・浅草の大手仏壇店であるタレントの山口もえ。彼女の実家については以前からわりとよく知られていたとはいえ、彼女の口からここまでくわしく語られたのは、ひょっとすると初めてのことかもしれない。

 同誌の読みどころは表紙・巻頭ばかりではない。たとえば、vol.3の遺影特集では、仏像ブームの火付け役で、仏教にも造詣の深いみうらじゅんがインタビューに応え、自分の遺影を生前から用意しておくことを勧めていた。同じ号ではまた、「死後のインターネット事情」と題して、ブログやSNSなどのユーザーが死んだあと、それらアカウントがどう扱われるのか検証する企画も組まれている。これなど、高齢者よりもむしろ日常的にネットを使っている若い世代のほうが身につまされるテーマだ。

 死というとどうしても暗くて深刻なイメージがつきまとう。相続など厄介な問題も多い。『ソナエ』はそこを、さまざまな切り口から、ときに明るい雰囲気でとらえつつ、死をめぐるあれこれに読者を振り向かせようとしている。

 vol.5で特集されている「戒名・布施」もまた厄介な問題だ。それでも「故人の生きざまが伝わる 著名人100人の戒名」というリストのようにトリビアとして楽しめるがあったり、かなりとっつきやすい内容となっている。このリストを見ると、ミュージシャンの忌野清志郎は「忌野清志郎」、作家の幸田露伴は「露伴」、同じく作家の大佛次郎は「大佛次郎居士」と、生前に使っていた名前、いわゆる俗名をそのまま戒名としたケースも結構あることに気づく。

 もちろん、戒名料の額など現実的な問題も俎上にあがる。そこでは、戒名は自分でつけられるのか? あるいは、戒名にはいくらぐらい包めばいいのか? などといった疑問に対し、具体例をあげながら解説されている。なかでも、戒名料が普段からの寺とのつきあいの有無により違うという事実とその理由は、目からウロコだった。つまり寺というのは、日常的につきあいのある檀家から、盆や彼岸の読経など折に触れて支払われる布施によって維持されている。それゆえ寺からしてみれば、普段つきあいのない人は、葬儀の際に普段の維持費も含めた布施をしてもらわないと、檀家のあいだで不公平が生じてしまうというのだ。寺とのつきあいというと、せいぜい葬儀や法事ぐらいで大して深く考えたこともなかったが、こうして説明されると思いのほか重要なのだと思い知らされる。

 今年ももうすぐお盆だ。『ソナエ』を参考にしながら、自分や肉親の死について考えるというのもありだろう。なお、冒頭で紹介した棺のプレゼントの当選者は1名かぎり、締め切りは2014年9月10日。応募先など詳細はぜひ誌面で確認していただきたい。
(近藤正高)