まんだらけ、万引き犯の顔写真公開中止を発表−公式HPは501エラー、素顔コラも出回るなどネットは大騒ぎ

写真拡大

 古物商『まんだらけ』(東京都中野区)は8月13日、告知していた万引き犯の顔写真全面公開を中止すると発表した。

【関連:ツイートの無断転載本は有りか無しか?『アホ男子かるた』大炎上のその後】

まんだらけHPより

■騒動の経緯

 まんだらけでは4日、同社中野店において25万円相当のブリキ製玩具「鉄人28号」が盗まれる事件があった。それをうけ同社公式HPでは、犯人と思われる人物のモザイク入り顔写真を公開。そして12日までに商品を返却しなければ、日付が変わった13日0時にモザイクを外した顔写真を公開するとしていた。

■犯人の顔写真全面公開中止

 13日、まんだらけが中止を発表した文によると、12日になり店舗のあるビル周辺に報道陣があつまるなどしたため、人の出入りが注目を集める状況になっていたという。
また12日には盗んだ犯人の関係者とみられる女性から「8時 (20時) までに返せばいいのだろうか」と電話での連絡もあったそうだ。しかし、実際には現れず「期待して待っていたのですが、どうも無理なようでした。」と現在の状況を鑑み説明している。

 なお、今回の件については、警視庁から公開を中止する要請が事前にあったという。

(引用:http://news.mandarake.co.jp/2014/08/13-1.html

■公式HP501エラーに偽素顔画像も−ネットではお祭り状態

 今回の問題は、テレビ、新聞でも取りあげられたため、多くの人から注目を集め、公開が予告されていた13日0時前後から閲覧しにくい状況が続き、さらには501エラーまで表示されていた。

 他にも、Twitterでは犯人の顔の部分に、ネットで有名な人物の顔写真をはめ込んだコラージュ画像も出回るなどし、中止文が閲覧できる状態になった0時20分頃までの間、中には本物と誤解する人もいたようで混乱が続いていた。

501エラー