『サラリーマン山崎シゲル (ポニーキャニオン)』田中光 ポニーキャニオン

 今、話題のツイッター発1コマ漫画『サラリーマン山崎シゲル』。

 規格外の破天荒サラリーマン山崎シゲルと、それをたしなめる部長のシュールすぎる日常風景を切り抜いた作風がネット上でウケまくっています。

≪うっかり部長のデスクの引き出しを溶接してしまう山崎シゲル≫

≪部長のデスクの引き出しをごはんでいっぱいにする山崎シゲル≫

≪部長のデスクが、一番日当たりが良いからと干物を大量に干す山崎シゲル≫

≪自身のへその緒を部長のPCの壁紙にこっそり変える山崎シゲル≫

≪部長が足をつって苦しんでいるところを野良犬に見せる山崎シゲル≫

 どうですか、山崎シゲルってば破天荒でしょう?

 同作の著者はピン芸人タナカダファミリア・田中光さん。幼い頃から絵を描くのが好きだったという田中さんは、中学生の時に水彩画で「文部大臣賞」を受賞した経歴の持ち主。大学も京都精華大学の版画コースを専攻しましたが、「絵はすぐにリアクションが見れない」という理由から大学を中退し、すぐに反応が返ってくるお笑いを目指しました。しかしお笑いの世界では思うように売れず、悩んでいたところ、先輩芸人でもあるピースの又吉直樹さんの「特技を伸ばした方が良いよ」という一言から山崎シゲルは誕生したのだそうです。

 その後、同作をTwitterに公開したところ、たちまち話題を呼び、今年の6月に書籍化。すでに発行部数10万部を超える大ヒットとなっています。

 一躍"時の人"となっているサラリーマン山崎シゲルですが、8月20日発売号の『グランドジャンプ』より、なんと連載が決定。書籍発売後の連載は極めて異例で今後、ますます山崎シゲルから目が離せなくなりそうです。