英政府通信本部(GCHQ)が、英国の6大学を「サイバースパイ養成校」に認定した。ティーンエイジャーを対象としたイヴェントなども含めた、広い範囲からのリクルートも行なわれている。

「英諜報機関、6大学を「サイバースパイ養成校」に認定」の写真・リンク付きの記事はこちら

大学を卒業した後で、突然呼び出しを受けたり、謎めいた電話がかかってきたりして、「祖国のために働きたくないか」と諜報機関に誘われた時代もあった。だが、いまでは、英国の政府通信本部(GCHQ)が認定した6つの大学のいずれかでサイバーセキュリティー分野の修士号を取得すると、優秀なスパイになれる可能性は大いに高まるらしい。

内閣府フランシス・モード担当大臣の発表によると、サイバースパイ志望者の教育機関となるのは、エジンバラ・ネピア大学、ランカスター大学、オックスフォード大学、ロンドン大学ロイヤル・ホロウェー校、クランフィールド大学、サリー大学。これらの大学の修士課程で、サイバー犯罪と戦う技術を持った専門家を養成する。

もちろん、ほかの大学でも同様の訓練を受けることはできる。しかし、GCHQが、英国中の教育機関から認定の申請を受け付けた後で、政府機関や学者、サイバーセキュリティーの専門家らの助言を受けながら最終的に認定したのは、これら6大学の修士課程だった。

英国では、高度化するサイバー犯罪から国を守るため、多様な経歴を持った優秀な人材を集めることを目的とした、より広範囲な取り組みも行われている。GCHQや、英国版FBIとも言われる新設の国家犯罪対策庁(NCA)、そしてIT業界の後援による「Cyber Security Challenge UK」だ。「12歳から18歳に向けたサイバー防衛講座」など各種のイヴェントが行われているほか、2014年5月には、本物の俳優を雇ったリアルな環境の中で、応募者が世界的犯罪組織(もちろん実在はしない)にハッキングを行うコンテストも開催された

TAG

CybersecurityRecruitSpyUniversityWiredUKWork DesignWorld News