エボラ 実験薬で治療の司祭死亡

ざっくり言うと

  • エボラウイルスに感染し、治療をしていたスペイン人宣教師が12日、死亡した
  • 「Zマップ」という米国の実験的な、血清による治療が行われていたという
  • 宣教師はエボラ患者の治療を行っていた、スペインの慈善団体に所属していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング