8月11日、東京都内のホテルで、ハビエル・アギーレ氏(メキシコ)の日本代表監督就任記者会見が開かれた。いわば、新監督の"所信表明演説"が行なわれたわけである。

 アギーレ監督が目指すサッカーのキーワードとなるのは、「バランス」だ。新監督は「攻守両方をこなせる選手が必要だ」と言い、「11人全員が守れて攻められる、そういうチームを目指している」と語った。自らのサッカー哲学を「とにかくたくさん走って、いいプレイをして勝つこと」だと話していたが、これなどはまさに現代サッカーの潮流に沿った考え方である。

 会見途中、「守備に力を入れて勝つことを目指す」と話し、攻撃サッカーを目指す日本とは相容れないかのような発言もあったが、これは「守備的に戦う」ということではなく、意味合いとしては「攻撃しかできない選手はいらない」といったところだろう。

「まずはできるだけ多くJリーグを見たい」とも話しており、来日早々、選手選考にも意欲的に取り組む姿勢をうかがわせた。

 全体を通して非常に好感の持てる就任会見だったが、なかでも興味深かったのは、「ユース世代の育成にも関心を持っている」と語った点である。

 選手の選考基準として、「将来性のある選手を呼びたい」というアギーレ監督は、それが単なる漠然としたイメージだけではないことを示すように、「五輪代表にも目を配りたい」と発言。「ロンドン五輪(2012年)でも日本の試合を見た」と明かし、「五輪世代にも優秀な選手がいる」とも話している。

 これは、歓迎すべきことである。

 過去、日本がW杯で決勝トーナメントに進出した2大会、すなわち2002年日韓大会、2010年南アフリカ大会を振り返ると、いずれも五輪世代からの台頭が活発だったという点で共通する。

 2002年大会当時はフィリップ・トルシエ日本代表監督が五輪代表監督も兼任していたこともあり、2000年シドニー五輪に出場した世代が数多く日本代表に登用された。また、2010年大会当時も、2008年北京五輪に出場した本田圭佑、長友佑都、内田篤人、岡崎慎司らが、日本代表の主力に成長していた。

 対照的に主力メンバーが固定され、なかなか若手の台頭が進まなかった2006年ドイツ大会、2014年ブラジル大会では、日本は惨敗に終わっている。つまり、日本代表がW杯で好結果を得ようと思えば、五輪世代からの台頭が不可欠なのである。

 だとすれば、アギーレ監督が若手の登用に積極的なのは喜ばしいことだ。

 もちろん、そこに不安がないわけではない。

 自ら「五輪代表にも目を配る」と言っているのだから、いっそ五輪代表監督を兼任してもらってもいいくらいなのだが、五輪代表はすでに手倉森誠監督が就任し、半年以上も前から活動が始まっている。

 当然、日本協会内ですり合わせは行なわれるのだろうが、両者の目指すサッカーがどこまで方向性を一にできるのかはわからない。

 事実、今回のW杯でも、ロンドン五輪代表から漏れたFW大迫勇也がメンバー入りし、逆にロンドンで活躍したFW永井謙佑は外れるという"矛盾"が起きている。これは、五輪代表が日本代表とは異なるサッカー(カウンタースタイル)を志向した結果である。

 どんなにアギーレ監督が五輪世代から選手を登用したいと考えていたとしても、肝心の五輪代表が"日本代表予備軍"として機能していなければ意味がないのだ。

 また、アギーレ監督が将来性を重視するあまり、現状での活躍を度外視する――大活躍しているベテランは無視し、そこそこの若手を重用する――ようなことがあれば、選考自体の理解を得にくくなる。

 あるいは、日本代表経験のない若手を多く登用した結果、負け続けたのでは周囲からの風当たりも強くなるだろう。

 とはいえ、4年後を見据えて「将来性のある選手」を選ぶことは、過去の事例から考えても絶対に必要なこと。アギーレ監督が「切磋琢磨し、競い合うチームにしたい」とも語ったように、選手同士が競い合い、その中から若手が台頭してくれば文句なしだ。

 新監督のお手並み拝見である。

浅田真樹●文 text by Asada Masaki