人は「相手の信頼度」を、瞬間的に判断している:研究結果

写真拡大

人間は、相手が信頼できる人物かどうかを、その顔を意識して見なくとも瞬時に判断していることが、脳の扁桃体の活動を追跡することで明らかになった。

「人は「相手の信頼度」を、瞬間的に判断している:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

われわれは、相手の顔を意識して見なくとも、その人が信頼できるかどうかを瞬時に判断している。脳の扁桃体の活動を追跡した神経科学者チームが、このような結論を導き出した。扁桃体は、意思決定、情動反応、記憶など、多くの社会的に重要な脳機能の処理にかかわる脳の領域だ。

ニューヨーク大学心理学部のジョナサン・フリーマン准教授が率いる研究チームは、脳がどれほど迅速に相手の信頼度を判断しているかを調べ、相手の顔を知覚的に意識することが判断を下すうえで必要かどうかを明らかにする研究を実施し、このほどその成果を「Journal of Neuroscience」誌に発表した

研究では、被験者に一連の顔の画像を見せた。そのなかには、見た人に「信頼できる」という印象を与えることが明らかになっている顔の特徴(下がった眉と高い頬骨)をコンピューター合成によって強調した画像と、反対に「信頼できない」印象を与える特徴(吊り上がった眉と平らな頬骨)を強調した画像が混じっていた(リンク先に例あり)。また、研究チームの想定が正しいことを確認するため、それとは別のグループにすべての顔画像を見せて信頼度を評価させた。

実験では、被験者の脳活動をモニタリングしながら、逆向マスキングと呼ばれる手法を用いて顔画像を見せた。逆向マスキングとは、認知実験に用いられる手法で、ふたつの画像、または「ひとつの画像と別の種類の刺激」とを素早く連続的に提示することで、先に提示した刺激を後の刺激に妨害させることだ。この実験では、顔画像を提示したあと瞬時に別の刺激を提示することで、被験者が顔を意識的には認識できない状態にした。

実験の結果、顔を意識的に見ることを妨害されたにもかかわらず、扁桃体の活動が観察され、扁桃体が顔の全般的な信頼度を追跡していることが示された。

「今回の研究結果は、扁桃体による、意識を介さない社会的手がかりの処理が、これまで理解されていた以上の範囲で行われている可能性を裏付けている。扁桃体は、他者の顔から受ける信頼度を、その顔を意識的に知覚しなくとも評価することが可能なのだ」とフリーマン氏は述べている。

TAG

CommunicationHeadlineNewsNeuroscienceWiredUK