「STAP細胞」論文共著者のチャールズ・バカンティ教授、1年間休職する意向

ざっくり言うと

  • 「STAP細胞」論文共著者の米教授が、1年間休職する意向が分かった
  • 病院の麻酔科長を退任し休職すると、同僚に宛てたとするメールが公開された
  • STAP問題については触れていなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング