自分で変形する「折り紙ロボット」は災害救助に役立つか(動画あり)

写真拡大

自らを折りあげて移動を始められる「折り紙ロボット」を、MITとハーヴァードの研究チームが開発している、

MITとハーヴァード大学の研究チームは、2010年から電気工学と折り紙の結合に取り組んできた。同チームは今回、大部分がレーザーカッターで作られたコンポーネントからなり、バッテリーを取り付けると、自らを折りあげて、そそくさと歩き出すことができる(上記動画の1′04″から)ロボットを開発した

「自分で変形する「折り紙ロボット」は災害救助に役立つか(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

このロボットは彼らの取り組みにおける「一里塚」だと、チームは説明する。

こうしたロボットであれば、壊れた建物に入り込み、そこで、適切に機能できるかたちへとトランスフォームできる。今回のロボットの場合は、わずか4分で折り上がり、その後、人間の助けを借りずに歩き出すことができる。

研究チームは、こうしたロボットをつくるために、温度に応じて「固い状態」と「柔らかい状態」への切り替えが可能な素材を利用した。この素材は、5つの層からなる。外側の層は、温度を上げると折れるようになる形状記憶ポリマーだ。そして内側に紙の層が、中間に銅の層があり、銅の層には、エッチングで入り組んだ導線のネットワークが形成されている。

今回のロボットでは、単位セルが碁盤目状に並び、パターンどおりに折ることができるようになっている。各ヒンジには、それぞれの線に沿ってどこまで折るのかがあらかじめプログラムされている。

その他のコンポーネントは、4本の脚を制御するモーター2個、マイクロコントローラー、そして、バッテリーを搭載したフレキシブル電子回路基板と非常にシンプルだ。

研究チームが解決を目指す主な課題は、ロボットを迅速かつ安価に製造できるようにすることだ(全体コストは約100ドルという)。一方で、何か役に立つことをできるロボットの開発も大きな目標だ。研究チームには、宇宙や戦場、捜索、救出といった過酷な環境で役に立つと期待している。

TAG

MITOrigamiRobotVideoWiredUK