<男子世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、米国男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」でメジャー2連勝を飾ったローリー・マキロイ(北アイルランド)がさらにポイントを上積みして、世界ランキング1位をがっちりキープした。同大会予選落ちを喫したタイガー・ウッズ(米国)はさらにランクを落とし11位とトップ10からも陥落。新旧王者の明暗がくっきりと分かれた。
マキロイ時代到来を告げた圧巻バック9!歴史的V争い制しメジャー2連勝
 同大会2位に入ったフィル・ミケルソン(米国)はランキングトップ10に復帰。日本勢は松山英樹が2ランクダウンの18位、小田孔明は1つ順位を落として63位となった。自身今季2度目のメジャーも予選落ちに終わった石川遼は82位、谷原秀人は130位となっている。
【男子世界ランキング】
1位:ローリー・マキロイ(11.27pt)
2位:アダム・スコット(9.28pt)
3位:ヘンリック・ステンソン(8.22pt)
4位:セルヒオ・ガルシア(7.75pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7.45pt)
6位:ジム・フューリク(6.87pt)
7位:マット・クーチャー(6.66pt)
8位:バッバ・ワトソン(6.60pt)
9位:フィル・ミケルソン(6.28pt)
10位:ジェイソン・デイ(6.28pt)
11位:タイガー・ウッズ(5.75pt)
18位:松山英樹(4.80pt)
63位:小田孔明(2.16pt)
82位:石川遼(1.73pt)
130位:谷原秀人(1.25pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】松山よ、去年には戻らないで
【全米プロ】マキロイ優勝シーンをフォトギャラリーで!
世界ランク1位返り咲き!マキロイ時代はこのまま続くと思う?