韓国の地下鉄で性犯罪が増加、なかでも盗撮の増加が顕著―中国メディア

写真拡大

中国メディア・古漢台網は10日、韓国の地下鉄で性犯罪の件数が増加しており、特に盗撮が顕著に増えていることが明らかになったとする韓国メディア・聯合ニュースの報道を伝えた。

韓国のソウル地方警察庁が10日に国土交通委員会に提供した資料によると、今年1月から6月に同国の地下鉄全線で発生した性犯罪の件数は628件だった。

2010年に1192件だった性犯罪の件数は11年に1291件と増加。12年に848件まで減ったが、13年にはふたたび1000件を超え1026件となっていた。今年上半期の件数がすでに昨年全体の61%に達しているため、年間件数で昨年を上回ることが見込まれる。

犯罪の類型別では、公共の場におけるわいせつが353件、カメラなどの撮影機器による盗撮が275件だった。とくに、小型撮影機器の普及によって、盗撮は10年の358件から11年には448件、13年には559件と増加傾向にあるという。

(編集翻訳 城山俊樹)