『幻魔大戦 Rebirth』/(c)石森プロ・石ノ森章太郎・平井和正・七月鏡一・早瀬マサト/小学館

写真拡大

『週刊少年サンデー』から生まれた育成型無料Webコミックサイト「クラブサンデー」にて、SF作家・平井和正さんとマンガ家・石森章太郎さんがタッグを組んだ名作『幻魔大戦』の続編『幻魔大戦 Rebirth』の連載が開始された。

脚本に、皆川亮二さんの『ARMS』で原案協力で知られる七月鏡一さんを迎え、現代を舞台に、新たな幻魔大戦が幕を開ける「クラブサンデー」渾身の意欲作となっている。

名作『幻魔大戦』とは


『幻魔大戦』は、1967年に『週刊少年マガジン』にて連載が開始した作品。宇宙の破壊者・幻魔と戦う、世界中の超能力者の苦闘や挫折、葛藤を描いたSFアクションになっており、平井和正さん最大のベストセラーとしても知られている。

1979年には平井和正さんによる小説の連載も開始し、1983年に公開されたアニメーション映画では、制作を角川映画(旧角川春樹事務所)が手がけ、キャラクターデザインを『AKIRA』や『スチームボーイ』などで知られる大友克洋さんが担当した。

ファンから期待が高まるまさかの新作


『幻魔大戦 Rebirth』/(c)石森プロ・石ノ森章太郎・平井和正・七月鏡一・早瀬マサト/小学館

『幻魔大戦 Rebirth』/(c)石森プロ・石ノ森章太郎・平井和正・七月鏡一・早瀬マサト/小学館



そんな『幻魔大戦』待望となる新作『幻魔大戦 Rebirth』は、『週刊少年マガジン』で連載されていたコミックの続編。しかし8月5日に配信された第1話では、小説版の要素も取り入れられていたりと、ファンにはたまらない内容に仕上がっている。

マンガは「平成仮面ライダー」シリーズのキャラクターデザインを務める早瀬マサトさんと、石森プロが担当。

次回第2話は8月29日(金)に更新。「クラブサンデー」では、毎週火・金曜日に新作が更新される。