★アメスポ事件簿161★

 バスケットボール界のスーパースターで、現在はシャーロット・ホーネッツのオーナーを務めるマイケル・ジョーダン(51歳)。アメリカの経済誌『フォーブス』の試算によると、ジョーダンの資産額は10億ドル(約1016億円)を超えており、スポーツビジネスの分野でも大成功を収めている実業家だ。

 スターの日々の行動は、常に注目されるもの。先日も人気俳優のマーク・ウォルバーグ(43歳)とランチを食べ、夜にはビバリーヒルズの高級ステーキハウスでコービー・ブライアント(35歳)とディナーを楽しんだことが報じられた。

 しかし、そんなジョーダンにも敵わない相手がいる。それは、ジョーダンのことを良く知らない子どもたちだ。シカゴ・ブルズで2度目のスリーピート(3連覇)を達成したのは、今から16年前の1998年。最後に引退したのも10年以上前の2003年だ。今の小学生からすれば、現役時代のジョーダンの雄姿は誰も見ておらず、小学校に訪れたジョーダンに対し、「マイケル・ジャクソン?」と聞いてきたらしい。同じイニシャルが「MJ」とはいえ、その問いかけを耳にしたジョーダンは苦笑いしたという。

三尾圭●協力 text Mio Kiyoshi