総合的に判断し、10点満点で点数をつけてください。/各コーヒーの飲みやすさを10点満点で評価してください。

写真拡大 (全9枚)

 総合マーケティング支援を行うネオマーケティングは、7月19日に20歳〜73歳の男女128人を対象に「コーヒーのおいしさに関する調査」をテーマにした試飲調査を実施した。

 調査対象商品は、「セブンイレブン/SEVEN CAFE アイスコーヒー」「ローソン/MACHI cafe アイスコーヒー」「ドトール/アイスコーヒー」「マクドナルド/プレミアムローストアイスコーヒー」「スターバックス/ドリップ コーヒー/ICED」の5品。価格や商品名を提示しない状態で2商品を試飲してもらい、各コーヒーについての質問を行った。

 総合的に判断し、10点満点で評価をしたところ、平均点はローソンが7.55点で1位となった。次いでセブンイレブンが7.06点、ドトールが6.63点、マクドナルドが6.59点、スターバックスが6.48点となった。飲みやすさでは、平均点7.42点でスターバックスが高評価を得た。次いでマクドナルドが7.41点、セブンイレブンが7.35点という結果になっている。

 後味や風味などについて聞いたところ、「後味がすっきりしている」という項目ではマクドナルドが高評価となっている。また、「まろやかな味わい」ではドトール、「味に深みがある」ではローソンが高評価となった。

 また、「苦味」「甘味」を最も感じたコーヒーはドトール、「酸味」を感じたコーヒーはセブンイレブンと、各コーヒーの特徴が出る結果となった。