西鉄、来年引退の313形イベント予定発表−第1弾は『親子で電車体験ツアー』

写真拡大

 西日本鉄道は来年1月24日に引退が決定している313形のイベント第1弾として『親子で電車体験ツアー』を8月30日に開催する。

 ツアーで乗車するのは、37年ぶりに復活した“ベージュ”と“マルーン”の旧塗装に塗り替えられ、現在貝塚線の貝塚−西鉄新宮間を運行している313形(2両1編成)。
貝塚−三苫間往復を貸切運行し車内アナウンス体験や、313形や貝塚線沿線に関するクイズが行われる。また、貝塚駅到着後には隣接する多々良工場にて運転台での記念撮影会も実施。参加者には特典として313形ピンバッジと記念乗車券がプレゼントされる。

【関連:JR九州『じぃじ、ばぁばとお出かけきっぷ』発売】

313形旧塗装車両

 運行は8月30日の10時半からと13時半からの2回。募集は小学生以下の子供と親のペアで、1便につき16組32名。参加費は親子ペアで2,000円。申込みは「西鉄くらしネット」内の専用ページで8月18日まで受け付けている。

 なお、313形引退までのイベント予定は、今回の『親子で電車体験ツアー』を皮切りに、8月下旬〜11月中旬に『フォトコンテスト』を開催、12月上旬には『鉄道ファン向け貸切ツアー』、そして2015年1月24日には『ラストランイベント』となっている。