リアーナの新たなストーカーが御用

写真拡大

 リアーナにストーカー行為をしていたというホームレスの男が逮捕された。

自宅を5月に売りに

 53歳のケヴィン・マクグリンという名の男は24日(木)、ニューヨークにあるリアーナの自宅に脅迫めいたメモを残したことで、拘留された。ニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄によると、マクグリンは1日に1回、8日に2回に渡り侮辱的内容のメモをリアーナの自宅まで届けたことから、ストーカー行為、脅迫行為、嫌がらせ行為の罪で告発されており、保釈を認められずに拘留されているようだ。

 そんなリアーナはストーカー達が突如現れることを理由に、たった1年弱しか住んでいなかったカリフォルニア州パシフィック・パセリーズの広大な敷地を持つ自宅を5月に売りに出していた。リアーナの自宅と誤って隣の家に侵入したスティーブランド・バーロウに対しては、昨年3月に3年間の接近禁止令が出されているほか、昨年6月にリアーナの自宅の屋根にこっそりと忍び込んでいたところで捕らえられたロバート・メランソンはリアーナの自宅および/もしくは仕事場から100ヤード(約91メートル)の接近禁止令が下されている。これらの事件に関する裁判書類では、リアーナはどちらのストーカーが自宅に近づこうとした際も家には居合わせておらず、ロバートが不安定で犯罪歴もあることから、自身の安全を心配していたと書かれていた。

Written&Photo by bangshowbiz