マッチボックス

写真拡大

物流業の星和ロジテム(大阪府茨木市)は2014年7月11日、日本の伝統工芸品、地場製品を世界に紹介し、新たな商機を創りだすためのマッチングサイト「マッチボックス」を本格オープンした。

あわせて、製品の紹介や販売を希望する企業を募集中だ。

伝統工芸品・地場産業の活性化に貢献

同社によると、こういったマッチングサイトは、「世界的にも例がない」。

マッチボックスは、「政府の推進する『クールジャパン政策』の意図に合致している」といい、すでに「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業」という補助金での助成事業に採択されている。

サイトはデフォルトでは英語版になっているが、「日本語」をクリックすれば、すべて日本語表示になる。

サービスの狙いについて同社は「マッチボックスを利用していただくことで、これまで海外に知られることの少なかった日本の優秀な製品のまったく新しい海外販路開拓を応援すること、伝統工芸品や地場製品の売上増に結び付けることで、伝統工芸品・地場産業の活性化に貢献すること、日本の文化的な伝統を絶やさないようにすること、などをミッションと考えています」と話している。