写真提供:マイナビニュース

写真拡大

資生堂はこのほど、20代〜50代のビジネスパースンを対象とした「ニオイに関する実態調査の結果を発表した。同調査は7月8日〜11日にインターネット上で実施。2,400人から回答を得た。

○職場で気をつけている身だしなみ、第1位は「自分の体から発するニオイ」

「職場の身だしなみとして気をつけている・ケアしていること」を聞いたところ、「自分の体から発するニオイ」が42.2%で最も高く、次いで「汗」(42.1%)、「ヘアスタイル」(39.8%)という結果になった。

男性では、「ひげ」(44.6%)、「汗」(37.5%)に次いで第3位が「自分の体から発するニオイ」(37.0%)となった。女性でも「ヘアスタイル」(50.7%)、「服装」(49.1%)に次いで第3位が「自分の体から発するニオイ」(47.8%)となっており、「スキンケア」(45.3%)や「メーキャップ」(40.1%)以上に、ニオイへの意識が高い結果となった。

「自分の加齢を感じる項目」を男女別にみると、男性は「(体臭・加齢に伴う)ニオイ」が37.4%と「白髪(43.7%)」に次いで第2位になり、女性の「(体臭・加齢に伴う)ニオイ」は35.6%と「肌の老化(シミ・シワ)」(65.9%)、「白髪」(56.5%)、「体型の変化」(51.7%)に次いで第4位だった。

一方、「加齢対策をしている項目」では、男性は「(体臭・加齢に伴う)ニオイ」が29.6%で最も高く、他の項目に比べてエイジングケア(年齢に応じたニオイケア)の意識が高いことがうかがえた。女性の「(体臭・加齢に伴う)ニオイ」は30.5%と「肌の老化(シミ・シワ)」(44.6%)、「白髪」(30.8%)に次いで第3位だった。

また、そのケアの方法としては、「制汗剤や汗拭きシートなどのデオドラント製品を使う」が77.8%と「汗をこまめに拭く」(58.9%)を抑えて最も高く、ニオイのエイジングケアには、デオドラント製品の利用が圧倒的に支持されていることもわかった。

○半数以上が「自分の発しているニオイに対して不安に思う」

「自分の発しているニオイ(口臭以外)に対して不安に思うか」という設問には、全体の57.7%が「非常にそう思う+そう思う」と回答。男女別では、男性が52.7%、女性が64.0%となっており、女性の方が男性に比べより不安感が大きいことがわかった。

また、口臭以外の「自分の体から発しているニオイの変化を感じた」経験があるのは、全体で59.4%と約6割にのぼった。男女別では男性が63.3%、女性は54.4%となり、女性でも過半数が、過去と比較して自らの"体のニオイの変化"を実感していた。

「自分の体から発しているニオイの変化を感じた年齢はいつか」をたずねたところ、男性では「30代前半」と「40代前半」の二つの年代を、ニオイが変化する"ニオイの曲がり角"(=ターニングポイント)であると捉えており、女性では「40代前半」を"ニオイの曲がり角"として感じていることがわかった。

○職場の女性に対しても、「年齢特有のニオイを感じた」が3人に1人以上

口臭以外のニオイに関し、全体で63.5%が「職場の男性に対して(加齢に伴う)年齢特有のニオイを感じたことがある」と回答し、「職場の女性」に対しても35.9%が「(加齢に伴う)年齢特有のニオイ」を感じていることがわかった。

また、全体の72.8%が他人の加齢臭を感じ、71.3%が男性の加齢臭を、26.2%が女性の加齢臭を感じていることもわかった。男性の加齢臭、女性の加齢臭の体感者に、それぞれの加齢臭を例えるとどんなニオイか聞いたところ、男性の加齢臭は「脂っぽいニオイ」(36.0%)、「もわっとしたニオイ」(28.0%)、女性の加齢臭は「もわっとしたニオイ」(19.9%)、「酸っぱいニオイ」(14.9%)が上位項目として挙げられ、加齢臭の男女共通のニオイとしては、「もわっとしたニオイ」と捉えられていた。

「加齢臭」の認知は95.9%と、多くがその存在を認知していた。続いて、加齢臭の認知者に対し「加齢臭の詳細」について聞いたところ、「男性だけだと思われがちだが、女性にも加齢臭はある」の認知は全体で約半数の49.7%に止まった。加えて、「主に頭や耳の後ろ、背中などからニオイやすい」は全体で39.3%、「年齢とともにニオイの原因であるノネナールが増えて臭ってくる」は37.9%、「加齢臭の原因物質はカラダから出る皮脂に含まれている」は37.5%と、加齢臭がニオイやすい場所や原因物質についての認知も4割弱に止まっていた。

(エボル)