「ホーキング博士の恋愛」を描く映画(予告編動画あり)

写真拡大

ホーキング博士が、重度の身体障害を乗りこえて愛を知り、人類史上最高の知性を備えた人物となるまでを描いたラヴストーリー『The Theory of Everything』予告編を紹介。

「「ホーキング博士の恋愛」を描く映画(予告編動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

『The Theory of Everything』は、天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士が、重度の身体障害を乗りこえて愛を知り、人類史上最高の知性を備えた人物となるまでを描いたラヴストーリーだ。

監督は、綱渡り芸人を紹介する作品『マン・オン・ワイヤー』で2008年にアカデミー賞ドキュメンタリー長編賞を受賞した英国のジェームズ・マーシュが務める。

予告編の見どころ:17秒、1分14秒、1分33秒、1分43秒、2分1秒のシーンで、若き日のホーキング博士を演じるエディ・レッドメインが、非常に説得力のある演技を見せている(レッドメインは『レ・ミゼラブル』でマリウスを演じた俳優)。

作品を象徴するセリフ:「人間の挑戦に限界はない。どんなにひどい人生に思えても、生きていれば希望がある」(ホーキング博士が合成音声で語った言葉)

ホーキング博士は1942年生まれ。オックスフォード大学に17歳で入学。1962年にケンブリッジ大学で大学院生となったが、63年(21歳のとき)に筋萎縮性側索硬化症(ALS)で余命は2年と診断された。発症前からつきあっていた妹の友人ジェーン・ワイルドと1964年に婚約、1965年に結婚。通常、発症から5年程度で死に至る病気だが、途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上たっても健在でいる。二男一女に恵まれたが、1991年に離婚。95年には看護士のエレイン・メイソンと再婚。2011年に離婚している。

1980年代に撮影されたホーキング博士。Wikimedia Commons

TAG

Critical BiographyMovieStephen HawkingVideo