<全米プロゴルフ選手権 最終日◇10日◇バルハラGC(7,458ヤード・パー71)>
 米国男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。この日は途中悪天候により中断を強いられたが全選手が競技を消化。単独首位からスタートしたローリー・マキロイ(北アイルランド)がトータル16アンダーで逃げ切り「全英オープン」に続くメジャー2連勝を飾った。マキロイは先週の「WGC-ブリヂストン招待」を含めて自身3連勝となる。
 1打差の2位に入ったのはこの日5つスコアを伸ばしたフィル・ミケルソン(米国)。リッキー・ファウラー(米国)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)がトータル14アンダーで3位タイに入っている。
 日本勢は松山英樹がトータル3アンダーで36位タイ。小田孔明がトータル2アンダーで41位タイとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>