初心者でも気軽に写真を楽しめる

写真拡大

リコーイメージングは、デザイン性と機能性を兼ね備えた一眼カメラ「PENTAX Q-S1」を2014年8月28日に発売する。

気軽にぼかした写真を楽しめる

手のひらサイズのデジタル一眼カメラ「Qシリーズ」の最新モデル。

1/1.7型の裏面照射型CMOSイメージセンサーにより、高画質画像を実現。ISO12800の高感度撮影をはじめ、質感描写などに優れている。高いオートフォーカス性能で、わずかな光量下でもピント合わせができる。

「おしゃれに毎日持ち歩きたくなる」がコンセプトのクラシカルなデザイン。クイックダイヤルとグリップ部分には、高級感があるアルミ素材を採用した。

高速画像処理エンジン「Q ENGINE」を搭載。起動時間が約1秒と素早いので、さまざまな撮影を素早くおこなうことができると同時に、ノイズを抑えた撮影を実現した。

手ブレを補正する機能「SR」を搭載し、望遠撮影する際などでも、ブレを抑えた撮影ができる。

「ボケコントロール機能」を使うと、カメラが自動で被写体を浮き上がらせるので、初級者でも気軽にぼかした写真を楽しめる。

撮影者の意図や、シーンに合わせて画像仕上げが選択できるカスタムイメージ機能、撮影した画像にさまざまな加工ができるデジタルフィルター機能を搭載。それぞれ11種類の中から、好みや個性を合わせた写真の加工ができる。

ボディキット、ズームレンズキット、ダブルズームレンズキットの3種類が発売される。価格はいずれもオープンだが、市場推定価格はそれぞれ税別で、4万円、5万円、7万円前後。