“生理後は妊娠しやすい”はウソ!?本当にデキやすいのは……

写真拡大

 女性が妊娠しやすいのは生理前か生理後かどっちだろうと言う疑問を持っている人も少なくないようです。生理後はデキやすい、なんて定説もありますが、それって本当なんでしょうか?

基礎体温を測ろう

 女性の身体は、一般的に28日前後の周期で変化しています。周期とは生理が始まってから、次の生理が始まるまでの期間のことを言いますが、この周期には個人差があります。この周期の間には、高温期と呼ばれる体温の高い時期と低温期と呼ばれる体温の低い期間があります。高温期はおよそ14日前後あり、高温期が終わると生理が始まり体温が下がって低温期になります。排卵日には最も体温が下がります。排卵日の計算方法は、生理の周期から高温期の日数を引いた日になります。例えば、28日周期の人であれば、28日から高温期の日数である14日を引くので14となります。つまり、生理が終わってから14日後に排卵日が来ると言うことになります。

 また、基礎体温を毎日測ることで自分の身体の周期を調べることも出来ます。人間の身体は一日の中でも体温が変化します。一般的には、朝は体温が低く夕方になると体温が上がります。基礎体温とは、早朝の体温が最も低い時のことを言い、排卵日を調べるのに有効な手段として妊娠を望む多くの人が基礎体温表を付けています。最近では、数字を入れるだけですぐに表ができたりする便利なアプリなどもあります。女性の身体は大変デリケートに出来ています。毎月毎月必ずしも同じ周期で生理がくるとは限りません。ストレスや生活習慣、過度なダイエットなどにより生理が遅れたり、止まったりすることもあります。また、本来なら排卵が起こらない日に排卵が起こってしまうこともあります。逆に生理が毎月来るからと言って排卵が必ずあるとも言えません。何らかの原因で無排卵になってしまうこともあります。

 このようなことから、妊娠する可能性は生理前でも生理後でもどちらにもあると言うことになります。子供を望まないのなら、どんな場合でも適切な避妊が必要ですし、子供が欲しいのであれば、排卵日を知ることが大事ですが、なかなか子供に恵まれない場合は、何か原因があるかも知れないので、一度専門の医療機関で調べてもらうことをおすすめします。その場合、原因は女性にあるとは限らないので、相手の男性にも一緒に行ってもらい、どちらに原因があるかきちんと調べることが大事です。今では、不妊治療を専門とした病院もたくさんあります。

 以上のように、体の仕組みを正しく知ることはとても大切なことなのです。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Vũ Vật Vã|Photography - 01866864180