かつて「10年に1度の逸材」といわれたスーパーアイドルが、とうとう人妻になった。6月に芸能界に復帰したばかりの元「モーニング娘。」後藤真希(28)が7月22日に入籍。お相手は3歳年下の男性で、地元・江戸川区で解体業に携わっているという。

 やっと幸せを掴んだゴマキだが、これまでの人生は波乱の連続だった。父は1996年に奥久慈男体山でのロッククライミング中に滑落死。母は2010年に自宅の窓から転落死している。かつて芸能活動をしていた弟は2007年に窃盗罪と強盗傷害罪で実刑判決を受けた(すでに出所)。

 しかし次々に襲いかかる不幸と裏腹に、美貌には磨きがかかっていった。母親の葬儀での喪服姿が報じられた際には、不謹慎ながらもネット上には「美しすぎる」と賞賛の声があふれた。

 しかし、なぜ芸能活動再開を決めた直後に入籍したのか。結婚がアイドルの人気ダウンに直結する時代ではないとはいえ、がっかりするファンが多いことも事実だろう。ある芸能関係者は「芸能活動再開は、結婚を決めたからこそ」と証言する。

「女性誌では、夫の年収は360万円とも報じられた。25歳の収入としては十分な額ですが、正直ゴマキがこれまでの生活を維持するには心許ない。

 7月末にアップされたブログでは、『国産のうなぎって高いのね……』とスーパーでうなぎの購入を諦めたエピソードまで公開していましたからね。芸能活動で家計を支えていこうとしているのでしょう」

 元『モー娘。』には今も芸能界で生き残っている面々が多い。サプライズの再結成もあり得るかもしれないが、近年ではバンドやアイドルグループの再始動なんて「よくある話」だ。それだけでもう一度スターダムに上り詰めるのは難しいだろう。民放のドラマ制作関係者がいう。

「ファンが最も待ち望んでいるのは、あの色香を売りにしたセクシー路線でしょう。ゴマキは芸能活動休止直前の2010年、セミヌードを披露して話題となった実績もありますからね。もしドラマや映画で官能シーンを披露するとなれば、オファーは少なくない」

 不幸の色香にどれほどの値段がつくか。

※週刊ポスト2014年8月15・22日号