ラドクリフが監督業挑戦に意欲、映画撮影中に「頭の中ではやっている」。

写真拡大

ダニエル・ラドクリフが監督業への挑戦に意欲を見せているようだ。

ダニエルは自身が映画の撮影をしている際に、芸術的な観念やドラマチックな捉え方などに対する情熱を育んできたことから、キャリアのある点においてはカメラの前に立つよりは後ろに回ってみたいのだとバラエティ誌に話している。

「監督をしてみたいね。ほかの監督たちが監督しているのを見ている時に、頭の中ではやっているんだ。『だめだ、そんなこと言っちゃ!』とかね。俺はけっこう人当たりもいいと思うしさ。監督業の中には、いかに異なる俳優たちを異なる方法で動かすかってことを理解することがあるけど、俺はそれを楽しめるんだ」

そんなダニエルは、アルフォンソ・キュアロン、マイク・ニューウェル、デヴィッド・イェーツら、才能ある監督たちと仕事をしてきたことで、監督としてのコツをつかんできたと説明している。

「すごく有名な監督でさえ冒してしまう過ちというのは、現場でクリエイティブな人間が自分だけと思ってしまうことなんだ」
「それにメイクアップ・アーティストたちはただファンデーションを塗るためにブラシを持っただけの女の子たちじゃないし、衣装担当はただアクシデントが起こった時に縫い合わせるだけの要因じゃないってことさ」

監督業についての熱意を語ったダニエルだが、近い将来に監督デビューすることはないとしており、デビュー作はインディー映画になるだろうと続けている。

「最近一番衝撃を受けた映画はチャーリー・マクダウェルの『ザ・ワン・アイ・ラブ』って作品なんだ。この映画を見た時俺は『これだよ。まさにこのタイプの映画こそ、自分が作ってみたいものなんだ』って感じたね」
「あまり映画では実現できないような、すごくおかしくて気味悪い作品なんだよ」