写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・Rev.from DVLに所属する"天使すぎる"と話題の橋本環奈が9日、神奈川県・パシフィコ横浜Dホールで行われた「アイカツ!真夏のLIVE&大発表」に登場し、「24時間全国アイドル宣言書」に署名した。

『アイカツ!』に登場する星宮いちごと同年代の橋本は、「共感する部分はいっぱいあるんです。私たちRev.from DVLは毎日ハードなトレーニングをしているので、いちごちゃんたちと一緒だなって」と共通する部分を挙げ、『アイカツ!』のようなライバル関係については「何よりも、まず自分だと思います。あとは、メンバーです。仲間であるとともにライバルでもあるので、みんなで競い合っています」と語る。また、「小学校3年生の時に、先輩のアイドルグループのステージを見て、私もああいう風になりたいって。自分で応募したのがアイカツを始めるきっかけでした」とアイドルを目指すきっかけを明かしていた。

今回の「24時間全国アイドル宣言」は、10月より稼働予定の『データカードダス アイカツ!』2015シリーズが、24時間365日全国の友達といつでも「オーディション」へ参加し、アイカツできることから生まれたもの。元AKB48の板野友美さん、AKB48の島崎遥香さんに続く3代目として、『アイカツ!』コラボパートナーに就任した橋本は、「宣誓! 橋本環奈はトップを目指し、24時間全国アイドル宣言をして、一生懸命歌って踊って、アイドル活動をすることをここに誓います!」と宣言した。

この日のステージでは、橋本のサイン入り『アイカツ!』用ICカードが貰えるプレゼント抽選会や主題歌を歌うSTAR☆ANISなどによるミニライブも実施。そのほか、2014年12月13日より公開予定のアニメーション映画『劇場版 アイカツ!』に関する新情報なども発表されていた。

『アイカツ!』は、アイドルとファッションをテーマにしたコンテンツで、バンダイのデジタルキッズカードゲーム「データカードダス」が2012年10月に稼働開始、同じタイミングでTVアニメの放送もスタートしている。「データカードダス」筐体の設置店舗数は全国で3,000店を超え、カード累計出荷枚数は1億1,000枚を突破。2014年12月には『劇場版アイカツ!』の公開も予定されている。

(C)2014 SUNRISE/BANDAI, AIKATSU THE MOVIE

(トランジスタ)