終盤にスコアを伸ばし首位をキープしたマキロイ(撮影:福田文平)

写真拡大

<全米プロゴルフ選手権 3日目◇9日◇バルハラGC(7,458ヤード・パー71)>
 米国男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の3日目。単独首位から出たローリー・マキロイ(北アイルランド)は6バーディ・2ボギーの“67”でラウンド。スコアを4つ伸ばしトータル13アンダーで首位を堅守。メジャー2連勝に王手をかけた。
松山英樹、出だしは良かったが…チャージ不発で56位タイ
 マキロイは15番時点では首位タイに5人が並ぶ混戦に。しかし、15番から連続バーディ。最終18番でもバーディを奪い2位のベルン・ウィースバーガー(オーストリア)に1打差をつけ首位の座を守った。
 この日はショットが昨日ほど安定せず、苦しむ姿も見られたマキロイ。それでも終わってみればこの位置にいられるのは、さすが世界ナンバー1プレーヤーとういったところか。「全英オープン」、「WGC-ブリヂストン招待」と2連勝してきているが、この試合でメジャー2連勝、出場試合3連勝となるか。世界中のゴルフファンが明日はマキロイのプレーに注目することになるだろう。
 また今季メジャー3戦でいずれもトップ5に入っている米国の人気者、リッキー・ファウラーが2打差の単独3位に浮上。ここまで惜しくもメジャー制覇を逃してきているが、この最終戦でその悔しさを晴らせるか。相手が絶好調のマキロイだけに、苦しい戦いになるだろうが日本人の血をひくこの新鋭からも目が離せない。
【3日目の順位】
1位:ローリー・マキロイ(-13)
2位:ベルン・ウィースバーガー(-12)
3位:リッキー・ファウラー(-11)
4位T:ジェイソン・デイ(-10)
4位T:フィル・ミケルソン(-10)
6位T:ヘンリク・ステンソン(-9)
6位T:ライアン・パーマー(-9)
6位T:ルイ・ウーストハウゼン(-9)
6位T:ミッコ・イロネン(-9)
56位T:小田孔明(E)
56位T:松山英樹(E)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
マキロイ、松山らの順位をリーダーズボードでチェック!
PGAツアーのフォトギャラリー
国内女子ツアーではライブフォトを実施中!
最新のゴルフギア情報と試打レポートはALBA.Netで!
これまで登場した「美ゴ女」を一覧で振り返る!