<全米プロゴルフ選手権 3日目◇9日◇バルハラGC(7,458ヤード・パー71)>
 米国男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の3日目。上がり2ホールでスコアを3つ伸ばし、69位タイでギリギリ予選を突破した松山英樹。昨日の見事なイーグル締めの勢いそのまま、このムービングデーでは猛チャージが期待されたが、この日は5バーディ・4ボギーの“70”とスコアを1つ伸ばすにとどまり、トータルイーブンパー56位タイで3日目の競技を終えた。
マキロイ、松山の順位は?「全米プロ」のリーダーズボード
 松山は出だしの1番でバーディを奪い幸先良くバーディ発進。その後も3番パー3、4番と快調にスコアを伸ばしていく。後半も10番パー5でバーディが先行。この勢いのまま、上位を追走したかったが、後半11番パー3で3パットのボギー。ここで流れが変わってしまった。
 12番でもスコアを落とすと、終盤の16番、17番でも連続ボギーとこの日の貯金を全部吐き出してしまう。しかし、最終18番では3打目をピンに絡めバーディを奪取。なんとかスコアを1つ伸ばした。
 前半はチャージの予感があったが、初日同様に後半に失速。プレーがかみ合わず、首位とは13打差と大差がついてしまった。
 もう一人の日本勢、小田孔明はこの日4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“71”でラウンド。スコアを伸ばせず、松山と並びトータルイーブンパー56位タイとなっている。
【3日目の順位】
1位:ローリー・マキロイ(-13)
2位:ベルン・ウィースバーガー(-12)
3位:リッキー・ファウラー(-11)
4位T:ジェイソン・デイ(-10)
4位T:フィル・ミケルソン(-10)
6位T:ヘンリク・ステンソン(-9)
6位T:ライアン・パーマー(-9)
6位T:ルイ・ウーストハウゼン(-9)
6位T:ミッコ・イロネン(-9)
56位T:小田孔明(E)
56位T:松山英樹(E)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>