<全米プロゴルフ選手権 2日目◇8日◇バルハラGC(7,458ヤード・パー71)>
 米国男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」二日目。雨により中断もあった松山英樹は1イーグル・3バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“72”でラウンド。スコアを1つ落としホールアウトした。
 OUTからスタートした松山は2番、3番と連続ボギーを叩くと、6番ではまさかのダブルボギー。次の7番でバーディを奪うも8番でまたしてもボギー。上がりの9番でバーディを奪うも前半だけでスコアを3つ落とす。
 後半はチャンスはくるもののものに出来ない展開が続くと15番、セカンドショットをクリークに入れてしまい痛恨のボギー。これで万事休すかと思いきや、17番バーディを奪うと18番でセカンドショットを上からワンピンにつけ起死回生のイーグル。トータル1オーバーで予選突破の可能性を残してホールアウトした。
 トータル3オーバーの109位タイからスタートした小田孔明は、6バーディ・1ボギー・1ダブルボギーとスコアを3つ伸ばしトータルイーブンオーバー。予選突破をほぼ確定させ2日目を終えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>