オーランド・ブルーム、ニーナ・ドブレフといちゃついていた?

写真拡大

 オーランド・ブルームがニーナ・ドブレフと先週末にいちゃついていたと報じられている。

普段控えめなタイプ

 去年10月に自身の3歳の息子フリン君の母親でもあるミランダ・カーと離婚しているオーランドは、カルフォルニア州サンディエゴで開催されたコミコンの数々のパーティーにニーナと共に出席し、親密な様子であったと言われている。

 25日(金)夜行われたプレイボーイ誌主催のパーティー「ベイツ・モーテル」に1人で姿を現したオーランドであったがすぐに、最近イアン・サマーホルダーと破局したニーナがオーランドのいるテーブルにやって来て、その後オーランドがテキーラを飲む中、2人は至近距離でおしゃべりを楽しんでいたという。そのパーティーを一緒に後にした2人は、真夜中に会員制のナードHQパーティーに参加しているところを目撃されており、そこで2人は「お互いに体を寄り添わせて踊ったり、笑ったり、囁きあったり」していたようだ。ある関係者は、2人の様子についてニューヨーク・デイリーニュース紙のコンフィデンシャル欄に対し次のように述べている。「オーランドは普段控えめなタイプなんですが、パーティーではニーナの腰に手を回し、体をくっつけあって踊っていました。ある瞬間なんて、2人がキスするんじゃないかと思いましたよ」

 ニーナとの急接近が報じられているオーランドの一方で、元妻のミランダはオーストラリア人大富豪のジェームズ・パッカー氏との関係を否定していたにも関わらず、パッカー氏が滞在するニューヨークのホテルで密会を行っていたところを目撃されており、2人はいまだに関係が続いていると言われている。

Written&Photo by bangshowbiz