首を痛めながらも、4アンダー3位タイにつけた上田桃子(撮影:ALBA)

写真拡大

<meiji カップ 初日◇8日◇札幌国際CC島松C(6,473ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「meiji カップ」の初日。今季から国内女子ツアーに主戦場を移した上田桃子は1イーグル・3バーディ・1ボギーの“68”をマーク。首位と1打差の3位タイと好位置で初日を終えた。

 初日から好スタートを切った上田だが、先週のオープンウィークに首を痛めてしまい、状態は決して万全とは言えない。また、首痛によってほとんど練習できなかったこともあり、「正直最終ホールまでずっと良くなかったんです…」とショットの状態も不調だった。
 しかし、そんな中でも4アンダーの好スコアをマークできた要因は、自分の現状を分析して“6割”のパワーでスイングしたことにある。実際、この日は飛距離こそ普段より20ヤード近く落ちてしまったが、ティショットできっちりフェアウェイキープ。さらにオフから取り組んできたウェッジコントロール技術でチャンスを演出し、9番パー5では残り30ヤードからチップインイーグルを奪ってみせた。
 苦しい状態ながら好スタートを切ったことで2011年以来となるツアー優勝も見えてきたが、上田は「自分の中で今年は優勝できたらラッキーだと思っています」とコメントした。
 米国女子ツアーから主戦場を国内女子ツアーに移した上田はシーズン開幕当初、「たくさん優勝したい」という野望を抱いていた。しかし、シーズン序盤から思うような結果を残せない日々が続く中で、「今は自分を作ることが大事」と感じたという。
 「勝つ勝たないは置いといて、全体的なベースを上げるのが1番の目標です。来年に向けての土台をしっかり作る後半戦にしたいんです」。ここ数ヶ月の上田はその“土台作り”を念頭に練習に取り組んできた。現在の自分のウィークポイントを修正し、その流れの中で自分本来のゴルフ、強さを思い出していく。この日の好プレーもその成果の1つと言ってよいだろう。
 「引き続きやっていれば、来年の自分の目標が叶うところまで来ると思うので、その準備をしっかりしたいと思います」。2008年に米国女子ツアーに挑戦して以降、ゴルファーとして苦しい時期を過ごしてきた上田。自分の目標を達成し、新たなステージに上るためにもまずは確固とした自分を作り上げる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>