<マイヤーLPGAクラシック 初日◇8日◇ブライズフィールドCC(6,414ヤード・パー71)>
  ミシガン州にあるブライズフィールドCCで今季より米国女子ツアーに新設されたトーナメント「マイヤーLPGAクラシック」が開幕した。今大会は翌週にメジャー第4戦「全米女子プロゴルフ選手権」が控えていることもあり、最終調整を兼ねて世界ランキング上位の選手たちが挙って参戦している。
 そんな大会初日は、ドイツのサンドラ・ガルが6連続を含む7バーディ・1ボギーの“65”をマーク。6アンダーで単独首位に立った。この日ガルは、前半をイーブンパーで折り返すと後半では3番から怒涛の6連続バーディを奪取。一気にリーダーボードのトップまで駆け上がった。
 そのガルと1打差の5アンダー単独2位には2年連続の賞金女王のインビー・パーク(米国)がつけた。4アンダー単独3位にオーストラリアのキャサリン・カークが続く。さらに1打差の3アンダー4位タイにはアサハラ・ムノス(スペイン)ら6人が並んだ。
 日本勢では首位のガルと同組でラウンドした野村敏京が1アンダー21位タイで日本勢最高位につけた。有村智恵と上原彩子の2人は1オーバーで55位タイで初日を終えた。今大会活躍が期待された宮里藍は2オーバー75位タイと出遅れている。
 また、優勝候補の1人であるミシェル・ウィー(米国)は途中棄権している。
【初日の結果】
1位:サンドラ・ガル(-6)
2位:インビー・パーク(-5)
3位:キャサリン・カーク(-4)
4位T:アサハラ・ムノス(-3)
4位T:イ・イルヒ(-3)
4位T:エイミー・ヤン(-3)他3名

21位T:野村敏京(-1)他
55位T:有村智恵(+1)
55位T:上原彩子(+1)他
75位T:宮里藍(+2)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>