夏に始める無料のオンライン学習:6つの「MOOC」を比較する

写真拡大

オンライン学習の提供が増加している。何千ものコースがあり、あらゆる年齢の何百万人もの学生が利用している。何かを勉強するのに、最も優れたプラットフォームはどれだろうか。

「夏に始める無料のオンライン学習:6つの「MOOC」を比較する」の写真・リンク付きの記事はこちら

MOOCの年」とも言われる2012年以来、誰もが学べるコースに出合えるプラットフォームが数多く生まれた。

そうしたなかには、アメリカの「Canvas Network」、イギリスの「FutureLearn」、ドイツの「iversity」があった。2012年には「Udacity」「edX」「Coursera」の3つがシーンを支配した。多種多様なコースを備えたこれら3つのプラットフォームを皮切りに、大部分の学生が──筆者も含めて──最初のMOOCを経験した。

MOOCとは何か、どこで利用できるのか

MOOC(Massive Open Online Courses、大規模オープン・オンライン・コース)は、一般には大学レヴェルの大人数向けコースで、インターネットを通じてオープンにアクセスできること、インタラクティヴなこと、コース修了の認定証を発行することといった特徴がある。生涯学習としても認知されており、すべての人、あらゆる年齢の学生や職業人に開かれている。用語は、2008年、2人のカナダ人教授、デイヴ・コーミエとブライアン・アレクサンダーによって案出されたものだ。

利用可能なMOOCはどれくらいあるのだろうか? 2012年には約100だったのが、2013年にはほぼ700だった(平均して毎日2つの新しいMOOCが提供されている)。総計1,200以上のコースが開講された。

MOOCの成長

関係している大学は多い。MOOC-List.comのサイトに掲載されている大学は345、Class-Central.comによると約200だ。Courseraはいまも、ずば抜けた最大の供給者だ。しかし、新しい運営者が市場に入ってくるにつれて、供給は拡大している。

2012年6月に、150万人以上がCoursera、Udacity、edXを通してオンライン・コースに登録した。約1年後、2013年3月に、Courseraだけで学生約280万人を記録した。Babson Survey Research Groupによると、オンライン・コースへの登録は、2010年から2013年の間に29%増加して、総計670万以上に達している。

MOOCの受講/開講にはいくらかかるか

MOOCは無料だ。もっと正確に言うならば、ほとんどすべてのMOOCが「フリーミアム」のビジネスモデルをとっている。ただし、この側面は薄れてきていて、急速に変化しつつある。

コースを開講するのに必要な時間と投資は、注目に値する。2013年に「Chronicle of Higher Education」は、MOOCで授業を行った103人の教授にインタヴューを行った。コースを企画するために100時間以上の時間、2万5,000ドルに相当する投資、開講中は週に8〜10時間の時間が必要だった。

大学がMOOCを展開し、これらのプラットフォームを通じてコースを提供する理由としては、次の3つが挙げられる。まず、自分たちのブランドを知ってもらうことを目的としたマーケティングの一環としてとらえるケース。2つめとして、従来の授業のいくつかを、自分たちで開発した(あるいは他大学の提供する)MOOCのコースで代替するケースもある。

最後に、MOOCを提供することで、大学の収益を増やすことにつなげようという目的がある。例えばCourseraのように、認定証を有料で発行するプラットフォームが存在する。これは、評価テスト──いずれにせよオンラインだ──を受験した学生に対してコースの修了を証明するものだ。参加する学生の数を考えれば、決して軽視できない価値がある。

TAG

LearningMOOCOnline EducationWIRED IT

手に入る認定証

CourseraとedXでは、2タイプの認定証が授与される。無料のものと、有料のものだ。無料の認定証とはある種の「賞状」で、身元の確認を行わない。これに対して、審査付きの認定証では、本当の身元と、課題をこなしたのことを確認するために、ウェブカムを使用した認証と身分証の提示が要求される。

Courseraの審査付き認定証が用意されているコースの数は限られている。「Signiture Track」と呼ばれ、値段は40〜50ドルだ。edX版は「Verified Certificate of Achievement」と呼ばれる。いくつかの授業のみに用意されていて、通常の値段は50ドルから100ドルだ。

CourseraとedXの認定証は、同じテーマの複数の授業を修了することで取得できる。これに対して、Udacityは現在、無料の認定証を授与しておらず、いくつかのコースにおいてのみ、さまざまな価格で認定証を授与するだけだ。

学習方法:自由にやるか、ガイド付きにするか

すべてのMOOCに「開講日」があるわけではない。授業の多くは、独習のメソッドを取っているため、いつでもアクセス可能だ。望むときに開始・終了でき、自分のリズムで勉強できる。

Udacityのコースで実践されているモデルでは、今日からでも、どんなコースでも始めることができる。このタイプのコースのネガティヴな側面は、一般に、フォーラムでやり取りをするアクティヴな学生が少ないことだ。同じ理由で、先生がアクティヴに参加しているとは考えにくい。

とはいえ、MOOCの大部分には開始日と終了日があって、定められた期間にしかアクセスできない。1日や1週間のうち好きな時間に受講することができるが、制限があるし、課題の提出にはそのときどきで期限も設けられている。

CourseraとedXのMOOCでこうしたモデルが適用されているが、これらの受講は間違いなく大変で、週5〜6時間の取り組みが要求される。

このモデルの利点は、世界中に切磋琢磨するコースの仲間が何千人もいることだ。教師もしばしば毎週のアップデートをメールで送信したり、フォーラムでも非常に活動的だったりする。ただし、興味のあるコースの開始を何カ月も待たなければならないこともあるし、同じコースが再び提供されるとは限らない。

受講できるコース

MOOC創成期の2011年には、提供されるコースは主に情報学、工学のカテゴリーに集中していた。これに対して現在は、人文学のコースが最も提供されるようになった。

また、世界中のビジネス・スクールが、遠隔教育のマスターコースの提供を増やしつつある。遠隔教育の利用を、フェイス・トゥ・フェイスのやり取りの時間に補助的に加えているのだ。

オンラインMBAのFinancial Times Ranking 2013は、こうした特徴をもつ遠隔教育による66のプログラムを掲載している。

イタリアの例をひとつ挙げると、ミラノ工科大学のMIPビジネス・スクールは、仕事の必要によって、物理的にあまり出席できない学生の要請に応じることを決心して、革新的な形態のエグゼクティヴMBA、Flex EMBAを開発した。最新のデジタル技術が保証する最大限の柔軟性と互換性を利用することによって、従来の形式のエグゼクティヴMBAと同じ能力を獲得し、同じ関係のネットワークを築き、同じ修了証を得ることを可能にする。

Flex EMBAは今秋から開始され、学生たちはどこから授業を受講するか、どのようにコンテンツを利用するか、いつコースに通うかを選び、カスタマイズされた学習体験を構築できる。

TAG

LearningMOOCOnline EducationWIRED IT

どれを選ぶか?

Udacity

Udacityの提供するコースは、始めたいと思ったときに始められる。期限もないので、自分のリズムに応じて受講することができる。したがって、独習の学生にとっては「完璧」だ。プログラミングや情報学を扱うコースを数多く扱っており、仕事に必要な能力の獲得にも配慮されている。アプリ経由でも利用でき、iOS用とAndroid用がそれぞれ用意されている。

ネガティヴな側面としては、現在は無料の認定証を発行していないこと、コミュニティが小さいこと、Premium版に加入するのでないかぎり独力で勉強しなければならないことが挙げられる。先延ばししがちな人、期限に合わせて作業する人には向かないだろう。

edX

ボストンのMITとハーヴァード大学によって設立されたedXは、無料で最近のコースを提供するプラットフォームだ。「最大のMOOC」となることを目指し、Googleとコラボレーションしてポータルサイトmooc.orgをつくった。

審査のいらない無料認定証を取得することもできる。とりわけ科学と医学分野については、評判の高いパートナー大学による授業が充実している。審査付きの認定証を取得することもできる(有料)。ただし、アプリ経由でのコース受
講はできないし、すべての授業が同じクオリティというわけではない。

Coursera

もっとも使いやすく、もっとも広範囲の分野にふれられるプラットフォームだ(わたしが受講したのは、「Dino 101 恐竜古生物学」だった)。コースごとに、審査の必要がない受講認定証が授与される。また、非常に優れたディスカッションフォーラムもある。

コースのいくつかは2つ以上の言語で提供されていて、多くの場合動画には英語字幕が付いている。iOSとAndroid用のアプリが利用でき、無料の賞状、有料の審査付き受講証、専門コースのための「第2レヴェル」の受講証を取得することも可能だ。

ネガティヴな側面として、コースのなかにはあまりに組織化されすぎているものがあるという点だ。受講生は教授のリズムに合わせなくてはならない。edXと同様に、すべてのコースが同じクオリティで提供されているわけではない。ときには、希望するコースを受けられるまでに、かなり待つ必要もある。

Canvas Network

教育用ソフトウェアを製作しているアメリカ企業、Instructureの設立したMOOCプラットフォームだ。主題についても形式についても、提供されるコースはさまざまで、先述したCourseraやedXのように、大学だけでなく、いくつかの団体の企画したコースも見受けられる。例えば、ヨーロッパ・ジャーナリズム・センターの企画した「データを用いたジャーナリズムの実践」(Doing Journalism with Data )がそうで、私はこれを受講しようとしている。

受講できるコースの幅はそれほど広くはなく、活発なコースが多いわけでもない。現在は20ほどで、他にも開始予定のものがある。学習方法は、CourseraやedXのものと似ていて、一度コースが始まれば、自分の時間に合わせて計画を立てられる。ただし、課題提出は一連の授業が終了するまでに済ませなければならず、それ以降はアクセスできなくなることを覚えておかなければならない。

Canvas Networkが提供するのは、学生たちが互いにやり取りをできるフォーラムだ。すべてのコースには最終問題が準備されていて、これに合格すれば受講認定証が発行される。

FutureLearn

2012年12月に、イングランドのミルトン・キーンズにあるオープン大学が完全に管理する会社によって設立されたMOOCプラットフォームだ。コース開始は、2013年9月。現在パートナー大学は約40を数え(ほとんどすべてがイギリスの大学だ)、最近ではダブリンのトリニティー・カレッジやオーストラリアのモナシュ大学、ブリティッシュ・カウンシル、大英図書館、大英博物館のような機関が加わった。

コースは1つずつ順にリリースされ、スマートフォン、タブレット、PCからアクセスできる。プラットフォームはまだベータ版だ。どのコースも4〜6週間続くヴォリュームが用意されている。

iversity

2011年につくられたMOOCのプラットフォームで、無料で誰にでも開かれたコースを提供している。ヨーロッパに拠点があるので、ヨーロッパ単位互換制度(European Credit Transfer System)を利用できる。

iversityは彼ら独自のコースを提供しようと、教授たちと直接仕事をしている。コースの大部分は英語かドイツ語で行われるが、ロシア語やイタリア語のコースも存在する。そして他の言語も導入されようとしている。2013年10月、24のMOOCと10万人のユーザーとともに公式にプラットフォームを立ち上げたが、2014年の目標は、100万人のユーザーと100以上のコースをもつことだ。

TAG

LearningMOOCOnline EducationWIRED IT