写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●冷徹っぽく見える媚空も、女性の優しさを持っている2013年にアイドルグループ・AKB48を卒業し、現在は女優として活躍の場を広げている秋元才加が、現在テレビ東京系ほかにて放送中の特撮TVドラマ『牙狼<GARO>-魔戒の花-』8月8日放送の第18話「紅蓮」に魔戒法師・媚空役で出演する。特撮作品としては、2012年公開の映画『ウルトラマンサーガ』以来となるが、『牙狼<GARO>シリーズはもちろん、特撮TVドラマへの出演も初となり、本格アクションデビューを果たすことになる。

先日行われた先行上映会では、「大人向けの特撮作品なので、ファンの声が気になる」と弱気な面を見せていた秋元だが、冴島雷牙役の中山麻聖は「時間があればアクションの確認をしていて、すごくストイック。秋元さんのアクションを見ると、中山としても冴島としても危うい」と太鼓判。さらに、雨宮慶太総監督は「媚空の物語をまた撮りたい」と語るほどで、秋元のアクションデビューは上々なスタートを切ったと言える。

劇中で、魔戒騎士イズモの前に現れた媚空は、闇に堕ち、ホラー・ラテルに憑依されたイズモと戦う。一方、ラテル出現を知る雷牙は、あくまでも媚空に協力してラテルを討伐せよと厳命される。そして、媚空と対面する雷牙、マユリ、クロウ――第18話「紅蓮」は、注目を集めている媚空のセクシーな衣装とともに、秋元が挑戦したアクションシーンなど見どころも多い。今回は、本格アクションデビューを果たした秋元に撮影現場や媚空という役柄などについて話を聞いた。

――秋元さんが「今までの秋元とはまた違った姿」とおっしゃっていた媚空ですが、演じるにあたって雨宮慶太総監督から演技指導はありましたか?

まず、雨宮さんからは媚空について「今で出てきた魔戒法師の中で最強です。クールでカッコイイよくて、ちょっと闇を抱えている。でも、本当は心が優しいんですよ」と聞いていました。演技の面では「できるだけ表情を変えないように。無表情なキャラクターが笑うとその表情が活きてしまうから」という指示はいただいていましたね。

最強か、そして表情を変えないのか……って(笑)。けっこう、見栄えしかなくなってくると思ったので、動きにはすごく気を使いましたね。媚空というキャラクターは、物語に登場するまでに色々な経験をしてきていると思うんです。一見すると、冷徹っぽく見える媚空も、女性の優しさを持っていることが伝わるとうれしいですね。

――TVドラマや映画と違い、特撮の撮影現場は独特だったと思います。

そうですね。色々な驚きがありましたが、アクション用と演技用で衣装が2着用意されているのは驚きましたね。アクションシーンとドラマシーンのたびに、着替えていたんですよ。なかなか大変でしたね。

●大人から子供までみんな『牙狼<GARO>』に夢中になって欲しいな演技面ではCGと合成するシーンがたくさんあるので、演技の流れで撮影するのではなく、CGの合成をすることを頭に入れた演技が必要なんですよね。型なども、ちゃんとCGの合成に合わせられるようにしなければならないし、頭の回転が問われます。後は、撮影の現場でアクションの型をアクション指導の方に教えていただくんですが、その場で教わって、すぐに実践しなければならない現場だったので、体の瞬発力も必要です。私は覚えるのが遅い方だったので(笑)。自分からどんどん聞きにいってましたね。

――初のワイヤーアクションもありましたね。

すごく楽しかった! ただ、動きを止める際にすごく腹筋を使うんですよ。体のバランスの軸をどこに置くかが大事で。力加減が難しくて、カメラさんに突っ込んでしまうこともありましたけど(笑)。力が入りすぎても綺麗に回れなかったりするので、力加減は非常にシビアで難しいです。あとは、CGと合わせた時にどんな映像に仕上がるのか、自分の想像力が試される現場でしたね。

――特撮作品としては『ウルトラマンサーガ』にも出演された秋元さんですが、小さいころの特撮作品はご覧になっていましたか?

弟がいるので、『激走戦隊カーレンジャー』とか『電磁戦隊メガレンジャー』は見ていました。私の中で特撮は子供向けという印象があったんですが、出演が決定すると、友達や他の現場のスタッフに「今度、『牙狼<GARO>』に出るんだってね!」と声をかけてくれる人が多くて、大人のファンもすごく多いジャンルであることを知ったんです。実際に見たら、大人も楽しめる作品だと思いました。

──特に『牙狼<GARO>』は、海外でも人気が高いんですよ。

そうなんですか! 今初めて知りました。確かに雨宮さんが「僕の描いた絵はものすごく高く売れる」って言っていました(笑)。

──雨宮監督は海外のイベントなどでもゲストで呼ばれることが多く、サイン会まであるほどで非常に人気が高いです。

『牙狼<GARO>』に出演させていただいて、この作品がこんなに奥が深い作品なんだってことを初めて知りました。自分が知らなかった分、周りの反応ですごく注目されているんだって。今回、媚空というキャラクターを通して、特撮があまり詳しくない方や女性にも特撮ファンになって欲しいんです。CGや衣装などにこだわり抜いた迫力の映像を一人でも多くの方々に見ていただきたいですね。

──女性にもおすすめできる作品ですよね。

そうなんです! 私の世代よりも少し上の世代が主なファン層という印象があるので、私たちと同じような二十歳前後の人にも見てもらいたいです。さらにそこからもっと若い子供たちにも広がっていって、大人から子供までみんな『牙狼<GARO>』に夢中になって欲しいな(笑)。

『牙狼<GARO>-魔戒の花-』は、地上波テレビ東京系8局ほか、スターチャンネル(BS10ch)、CSチャンネル・ファミリー劇場にて放送中。

(C)2014 雨宮慶太/東北新社 制作:東北新社/オムニバス・ジャパン

(トランジスタ)