電気自動車の「世界記録」を達成したのは、豪学生チーム

写真拡大

オーストラリアの大学チームが製作したソーラーEVが、EVとして記録に挑戦。長距離平均速度の世界記録を達成し、「Tesla Model S」の最大航続距離も超えた。

「電気自動車の「世界記録」を達成したのは、豪学生チーム」の写真・リンク付きの記事はこちら

Tesla(テスラ)に新たなライヴァルが現れた。BMWでもなければ、GMでもない。オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の学生チームが製作したEV「Sunswift eVe」が、長距離平均速度の最速世界記録(国際自動車連盟に公認申請中)を達成したのだ。

現地時間7月23日に行われた今回の挑戦では、一度のバッテリー充電で500km以上の距離を走り、平均速度は時速100kmを上回った。つまり、時速72kmというこれまでの記録を簡単に打ち破り、しかも現時点でのEV界の王者、Tesla「Model S」のフル充電での航続距離を超えて走り続けたことになる(Model Sの最高航続距離は、160マイル〈約257km〉、230マイル〈約370km〉、300マイル〈約483km〉の3種類がある)。

Sunswift eVeは、同大学の学生チームが製作したクルマとしては5台目だ。初代は1996年まで遡り、4台目の「Sunswift IVy」は2011年に、ソーラーカーの平均速度世界記録(ギネス記録)である時速88kmを達成した。

同大学チームがつくってきたクルマの中で、eVeは最も「実用的」なものだ。2人の大人が乗車でき、外見もよくある実験車両より、ずっと普通の乗用車に近い。過去の車両が、運転席と3つのホイール、そして多数の太陽光発電パネル以外にはほとんど何もなかったのと比べれば、長足の進歩と言える。

とはいえ、一般の乗用車と同等の快適さを期待してはいけない。車重をわずか320kgに抑えるため、eVeはきわめて簡素につくられている。320kgという車重は、Tesla Model Sの動力源であるバッテリー単体の重量よりも軽い(もっとも、Model Sは最大で大人5人と子供2人を乗せることができ、本革シートやエアコンも装備するのだから、eVeよりずっと重くなるのは当然だ)。

TAG

CarEVRecordSolarcarTeslaVideo

eVeのPanasonic製バッテリーは単体重量が約60kgで、一般家庭のコンセントを使って約8時間で充電できる。また、工業用の電源につなげば、充電時間は5時間に短縮される。

さらに、日の当たる場所に8時間ほど駐車しておけば、最大出力800ワットの太陽光発電パネルが約2時間の運転に十分な電気を供給するという。それだけ走るのであれば、標準的な通勤には使えそうだ。このパネルは走行中でも発電が可能だが、消費するエネルギーを上回るペースで充電するほどの能力はない。

今回の記録更新にあたっては、ヴィクトリア州のオーストラリア自動車研究所(Australian Automotive Research Centre)に設けられた、1周4.16kmの「ハイウェイ周回路」を120周(合計499.2km)走行した。長距離の連続運転で疲労しないように、タイヤを交換するタイミングに合わせて、2人のドライヴァーが途中2回の交替を行っている。

チームは今回、電気自動車としての最速世界記録樹立を狙っていたため、太陽光発電パネルのスイッチをオフにしていた。ソーラーカーと見なされると、規模の小さい別のカテゴリーに分類されてしまうからだ。

チームの第一の望みは、この技術の商業化に向けた研究を活発化させることだ。そして、eVeをオーストラリア初の公道走行が認可されたソーラーカーにしたいとも考えているという。

TAG

CarEVRecordSolarcarTeslaVideo