東西でセミの鳴き声が異なる理由

ざっくり言うと

  • 東京やその他国内ではアブラゼミが多いが、大阪ではクマゼミの割合が増える
  • クマゼミの幼虫は土を掘るのが得意で、大阪の土の乾燥が有利なため
  • アブラゼミは生活が難しいため、現在1%に満たず存亡の危機にひんしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング