<全米プロゴルフ選手権 初日◇7日◇バルハラGC(7,458ヤード・パー71)>
 米国男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」が開幕した。日本勢は松山英樹と小田孔明が午前組でスタート。松山は4バーディ・4ボギーの“71”でイーブンパースタートとなった。
 INからスタートした松山は12番、13番と連続バーディを奪う幸先の良い立ち上がり。17番をボギーとするも18番、1番でも連続バーディを奪って一時は首位に浮上して見せた。しかし、5番、6番の連続ボギーでスコアを落とすと最終9番もボギー。イーブンパーで今季最後のメジャー初日を終えた。
 日本勢の先陣を切ってスタートした小田は、1バーディ・4ボギーの“74”で3オーバーとやや出遅れ。先週の「WGC-ブリヂストン招待」で最終日に背中痛のため途中棄権したタイガー・ウッズ(米国)も4ホールを残して3オーバーと苦しい戦いとなっている。
 石川遼、谷原秀人は午後組で間もなくスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>