写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で7日、8月8日〜11月9日の期間限定で開催するシューティング型サバイバルホラー・アトラクション「バイオハザード・ザ・リアル2」がマスコミ向けにお披露目され、特別招待ゲストを招いた先行体験会も行われた。

昨夏、"生還率0.002%の超高難易度"で話題となったホラー・アトラクション「バイオハザード・ザ・リアル」を進化させた「バイオハザード・ザ・リアル2」。ゲームや映画で人気の『バイオハザード』シリーズをテーマに、リアルな死闘を味わえるアトラクションで、ゲストは、四方から襲い来るゾンビをショットガンで撃ち進み、ウイルスに感染せずに脱出することを目指す。

先行体験会には、特別招待された約200人のゲストが参加。はじめに、今年初導入された重量1,500g、長さ64cmの本格的なショットガンを装備し、ウイルスがまん延するラクーンシティに潜入。すると早速、ゾンビたちが襲い掛かり、ゲストは「キャー!!」と悲鳴を上げて逃げながら、銃で応戦した。

昨年よりゾンビが激増、体験時間も倍増し、恐怖度が増した同アトラクションには、ゲームで登場する回復アイテム"ハーブ"も初登場。ゲストは、道中で見つけた"ハーブ"で感染度を下げながら、四方から襲い来るゾンビとバトルを繰り広げた。

体験したゲストたちは、「めっちゃびびった!」「怖かった!」と興奮。去年も経験した人は「去年より怖かった。ゾンビが前より多かった」「去年より銃が重くて、戦っているなって感じがした」と進化したと言い、『バイオハザード』のファンは「『あのキャラもこのキャラも!』『あれもやー!』ってなって、テンション上がりました」と、再現された世界に感激していた。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.