<meiji カップ 事前情報◇7日◇札幌国際CC島松C(6,473ヤード・パー72)>
 北海道にある札幌国際カントリークラブ島松コースを舞台に国内女子ツアー「meiji カップ」が8日(金)に開幕。今大会には7月の「日医工女子オープン」以来、約1か月ぶりに横峯さくらが国内ツアーに参戦する。
スーパーショット連発の藍、さくら組が快勝!日本首位通過!歴史に刻めるか
 7月の横峯は女子の国別対抗戦「インターナショナル・クラウン」に出場。同大会では宮里藍コンビを組み、2勝1分けの活躍を見せ、日本チームの予選トップ通過に大きく貢献した。
 最終結果こそ3位に終わったが、同大会を振り返った横峯は「すごく楽しくプレーできました」と笑顔。「藍ちゃんがしっかり安定したプレーをしてくれていたので、私はしっかり攻めることができて、いいプレーにつながりました」とダブルスでマッチプレーという通常とは違う試合形式の中で多くの経験を積むことができたようだ。
 そんな中で久しぶりに国内の試合に臨む横峯だが、今大会にはある“大記録”達成の可能性が存在する。現在、横峯は「アース・モンダミンカップ」最終日の12ホール目から61ホール連続でノーボギーラウンドを続けており、もし初日をノーボギーで終えることができたなら宮里藍の記録を抜いて歴代2位に浮上。さらに2日目の2ホール目をノーボギーで通過した段階で、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)を抜いて歴代1位の記録となる。
 3日間ノーボギーで終えた「日医工女子オープン」から1か月経過していることもあり、横峯は「あんまり意識はないです…」と困惑気味だが、「重点的に練習しているのが寄せであったりショートゲームなので、それが活かされているのかな」と分析。今季はまだ優勝のない横峯だが、大記録達成と共に初優勝もつかむことができれば言うことはない。

【連続ノーボギー記録】※記録の残る1990年以降
1位:アニカ・ソレンスタム(80ホール連続・2003年)
2位:宮里藍(77ホール連続・2005年)
3位:森田理香子(76ホール連続・2013年)
4位:不動裕里(75ホール連続・2007年)
5位T:横峯さくら(72ホール連続・2007年)
5位T:李知姫(72ホール連続・2010年)
5位T:金田久美子(72ホール連続・2013年)
※横峯さくらは現在61ホール連続ノーボギー。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】オリンピックの競技方法は72ホール個人戦が本当にいいの?
今週は日本女子アマ出場を狙う熱血美女が登場! 「美ゴ女」