G小林 「達川流」で正捕手獲りへ

ざっくり言うと

  • 巨人の小林誠司が5日、DeNA戦で攻守にわたり奮闘した
  • 1点を追う9回2死一、三塁の第3打席では、内角速球に臆せず衝突
  • 死球と判定され、広島黄金時代の正捕手、達川光男氏を彷彿とさせた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング