画像は公式サイトより

写真拡大

マルチタレントの中川翔子さん(通称しょこたん)が、現在池袋のサンシャイン水族館にて開催中の「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」の「もうどく大使」に就任した。

8月19日(火)10時より始まる就任式では、中川翔子さんが描いたオリジナルイラストがお披露目される。

「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」は、様々な毒にまつわる危険な生き物ばかり集めた企画展。9月28日(日)まで開催されている。クモやムカデ、サソリ・・・などなど「刺す」「咬む」「中毒」など恐ろしい生き物たちが展示され、現在大好評を博している。

もうどく大使・しょこたんの衝撃画像


そんな「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」の毒生物に感激したという中川翔子さん。芸能界でもその強烈なキャラクターで唯一無二の存在を確立している彼女だが、そんな本人によってtwitterに投稿された衝撃の画像が今話題となっている。

その画像がこちら!

セミの抜け殻を纏ったしょこたん

セミの抜け殻を頭に纏ったしょこたん





セミの抜け殻の収集が趣味だという中川さん。今回のセミの抜け殻は“音声のガクさんの娘さん”からプレゼントしてもらったものとのこと。

プライベートでも何匹もの猫を飼っていたり、亀、スッポン、ウズムシ目のプラナリア、熱帯魚のコリドラスなどをペットとして飼っていたりと大の生き物好きの一面をもつ、しょこたんさん。今回のもうどく大使にこれ以上の適役はいないだろう。

しょこたんさんの応援でさらに盛り上がる、「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」。ぜひ一度、毒見しに行ってみよう!

関連記事


AV女優・つぼみ、危険生物の集う「毒毒毒(もうどく展)」へ潜入取材!
危険な生き物大集合! 「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどくてん)」開催